So-net無料ブログ作成

みっつ [【ライヴ】]

2009/5/30
キュートンがはんにゃになった日、として、私の心に刻み付けられました。

開場や開演が遅れたこと、ライブにあらびき団の収録が入っていたことなんて別にどうでもよくなるくらい、テレビからのお客さん(会場の半分くらい?)との温度差がすごかったです。

いままで来てたお客さんの中にはチケット取れなかった人も、行けた人もいると思うんですけど、その方々の感想を聴きたいです。いままでとやっていることは(いい意味で)全然変わってないからライブは楽しめたんだけど、なにか「キュートン」ではないライブみたいだった。

古株だからとか新規だからとかいうことではなく、やっぱりある種の住み分けって必要だと思ったのです。前日の犬の心トークライブで岸くんがしていたケイダッシュライブの話を身にしみて感じてしまったというか。
最後に手拍子の振動で体が揺れたときに強く思った。

ナベアツが売れ始めたころの世界のナベアツ系のライブよりもすごかったんじゃないかと。

キュートン三文芝居
『エヴァンゲリオン』
早漏・ドルフラングレンとペニバン&オニオン。
ポイズン阿部ちゃんがGREEの釣りゲーで作ったというチーム名「ペニバンクラブ」を思い出して笑った。

幕間
ふくろとじでした。復帰後初のけんちゃん!元気そうでよかったよ。

『ファン感謝デー』
くまださんのファン感謝デー。岐阜から来た方を中心に。
クニくんのハゲ頭にみつあみくっつけてるのがよい。坂本さんの女装も。
ラストはいつもと一緒で、コント出演者でぐるぐる回って「おいおい、そんなにまわったらバターになっちゃうぜ?」みたいなナレーションだったのでちょっと安心。「まさか、バターじゃないのでは!」とドキドキしたので。
でも、そのナレーションが流れている間、笑いだったか拍手だったか忘れたけどその音が大きすぎて、まったくナレーションが聴こえなかったのでした。初めて行った人、オチがなんだかわからなかったんじゃないかと思う。

幕間
『ショートフィルム』
クニくんの発想はすごいなあ。

『ショートキュートン』
しんじまんを中心にショートコント3本くらい。

幕間
『ショートフィルム』
クニくんの発想はすごいなあ。

『椿鬼奴に乾杯』
ツバンキン・タランティーノの5本目となる作品が公開。

『ピラミッドしんじ』
たしかに、やっぱり大橋のぞみちゃんは可愛い。

『ゲロネタSHOW』
16本。やっぱりクニくんすげえ。
SM将軍とバドガールのネタがちゃんとしてて逆に笑ってしまった。

『ショートフィルム』
S-1用にいっぱい撮ったんだなあ。

『突っ込みどころの多いBAR』
しんじのセリフ「なみだの味ですよ(訛)」がお気に入り。

『ハブTIME!』
以前のBコース単独ライブで流していた「気で京王線を動かす男」のVTRでしたが、2回目に見ても爆笑できるほど面白かったです。秀逸だ。このVTRを紹介するときのハブちゃんのVTRも、ハブ色が色濃くてニヤニヤしてしまいました。

『キュートン エコ館』
入場時に配られた冷えピタとカイワレが活躍。
冷えピタ、持って帰ってきてしまいました。欲しかったから。

おまけ
フォーメーションのやつ。
坂本さんの武器がただの長い棒というのが好き。
ただ他のお客さんとのものすごい温度差にはまったくついていけず。

女子高生でも大人でも、ワーキャーするのは同じ。
nice!(0)  コメント(3) 

ふたつ [【ライヴ】]

公演日の二日前に発券という犬の心トークライブへ。

終始和やか。
AGE SAGE で Bage に落ちちゃったらしいですが、特にその影響も無く。
押見がもらった誕生日プレゼントの話、とか、池谷の結婚式の話、とか。
劇団ガッツの第一回公演の脚本を見つけて、読んだら面白かった話、とか。
自分で書いた話を読んで、ゲラゲラ笑う押見ってのも面白かったけど、それを笑いながら池谷に話して、池谷も公演のことを思い出して二人で「あれ面白いんだよな」とか云いながらまたゲラゲラ笑ってる姿も面白かった。
神保町でやりたいけど、結局ロングコントだからアンケートとかに「内容が薄い」だのと文句云われるんだろうな、と押見。

ロングコントとお笑い芝居の相違点は、オチにあるのではないかと思ったり。
どれだけ中盤にシリアスな空気があっても、オチが「ドテー!」とか「わーー!」みたいな(結局ごまかして終わるような)のだったらロングコントに見える(新喜劇に見える場合もある)し、中盤にどれだけ笑いが挟まれていても、スッと収まる着地を見せれば、それは芝居に見えるんじゃないかと。

第二部はオコチャと。
新潟で大人気の話。またとっしーの話してました。
オコチャが池谷の結婚式に行く予定だったんだけど、いけなくなってしまったので、急遽ポイズン吉田が行くことになったのだそうです。
押見は吉田とともにカリカ林の運転する車で、結婚式当日に御殿場へ向かったらしいですが、東新宿の交差点でスーツ姿で足をクロスさせながら待っている吉田の姿を見て、林が「モデルいるぞモデル!!」と興奮したらしい。

結婚式の引き出物を見させていただく。
そして引き出物プレゼント大会。
カタログに食いついていたけど、ああいうカタログをいままでもらったことがないということにちょっと驚きました。
まあ、冠婚葬祭無ければもらわないものなのかな。

第三部のゲストは、どきどきキャンプの岸くん。
予想外のゲストにお客さんも騒然。
地味会の話とか、相方(佐藤)のトイレの話とか、OPPエピソードとか、売れたら大変だという話とか。
あと、押見VS岸のサッカー好きなチーム論争。
はんにゃのお客さんの話とか、いままで笑って見てたけど、まさかその日に同じ心境になるとは思いも拠らなかった早朝4時。このときのほうがある種幸せだったといえる。
世田谷区出身の岸くんの出身校「メイセイ高校」が、「明星高校」ではなく「明正高校」だと即座に分かった、都立高校第二学区在住者です。駒場高校に願書だけ出して結局受けなかったなあ。

明日は諸事情で10時にチケットを取れなそうなので、来月のトークライブは欠席になりそうな予感がプンプンです。いままで一回も欠けることなく参加できてたのに~!
nice!(0)  コメント(0) 

ひとつ [【ライヴ】]

5/27(水)22:00
東京大喜利倶楽部へ。

開場がとにかく押してました。3回目公演の終演が遅れまくっていたせい。自社劇場だからある程度時間も融通きくんだろうけど、来てる客は開場がどこだろうと知ったこっちゃないわけですから、本来の予定時刻を大幅にオーバーした時点でそれ相応の対応はするべきだったと思う。
音楽ライブじゃないんだからさ。

先月レギュラーから降格した主宰・PGB吉田の代理として、ピース又吉が登場。
MCのアホマイルド坂本を呼び、まずは肩慣らし大喜利。

レギュラー
ピース又吉、椿鬼奴、カナリア安達、グランジ五明、スリムクラブ真栄田、ライス田所

補欠
キシモトマイ、ものいい吉田サラダ、吉本新喜劇の若手の方(名前ど忘れ)、2700八十島、クレオパトラ長谷川、ジューシーズ赤羽

吉田サラダ出てくるのなつかしい!2回目のTOCだかに出てた。
どちらも回答忘れてます。もうしわけない。

後半は、ヘキサゴン方式での対決大喜利。
ここでPGB吉田とカリカ林が登場。レギュラーVS補欠VSその二人。
二人の立ち位置はなんなんだろ。OB?
レギュラーチームが勝利。エキシビジョンもやってました。

いつもより帰る時間が遅かったけれど『あらびき団』見られたのはよかった。
nice!(0)  コメント(0) 

105.前夜じゃ! [【神保町花月】]

幕が閉まるときに、お辞儀しながら、阿部ちゃんとかたつむり林が手を繋いでいた(笑)。

SF(別世界)要素がほぼないので、逆に新鮮。
好きです。

--追記--

特に好きだったところは、

・前夜の男
・山さん(中澤)
・おじいちゃん(田所)とやっしー
・バンザイからの乾杯
・阿部ちゃんのラストのセリフ

メロンちゃん(池谷)のお父さん役をしている吉田が、最初インテリママに見えて「これ、お母さんの設定なのか?」とか思っていたら、お父さんでした。ああいう短髪長身のできる女性、いるって。

やっしーの「バンザイ」でなんだか不意に涙が出そうになった。

私が見た回の前日に関町のコスり笑いの酷さを演出の押見に強めに注意されたらしいです。私はコス町(コスり笑いをとる関町)があまり好きじゃないので、それもよかったのかもしれない。

ラストのセリフが、たぶん吉田のメッセージ的な部分だったんじゃないかと勝手に思っているのですけど、それを阿部フィルター越しにウソっぽく伝え聞かせたというところにとても魅力を感じたのです。
ただのナレーションじゃない、ってのがミソ。
なので、演出GJという気分でもあります。

これってポイズン好きじゃないとどうでもいいことなんだろうな。
----------

『籠の城』と較べるのはナンセンスだ、と終演後に漏れ聞こえた観客の感想を聞いて思ったり。
較べるのは、というか、比較の仕方がナンセンス。
nice!(0)  コメント(4) 

デーン [【モブ】]

エージェント通信の新キャラ、沢名賀さまのオチに、トイレで笑いを噛み殺す。
nice!(0)  コメント(0) 

くたる [【モブ】]

予想以上に風呂入りすぎて逆に水分過多。

おなかぴーぴーじゃなくてよかった、と思いつつ、ゴクゴク飲みながらアメトーークみております。
nice!(0)  コメント(0) 

こすりこすり [【モブ】]

あれ?
ひさびさにはねトびみたらブラマヨの小杉が…?

メットを被った北陽伊藤ちゃんでした。
nice!(0)  コメント(0) 

大収穫 [【モブ】]

帰って来て、録っておいたロンハー観賞中。

開始10分足らずですが、RGが渡辺直美にライブ終わりに告白した、というくだりが聞けただけで「録っといてよかった…!」としみじみ思いながら大笑い。
nice!(0)  コメント(0) 

時速100kmの回転木馬 [【笑・劇】]

7月の浅草花月企画イベント、「9人いる!」とかいう、萩尾望都のマンガでも読んでいかなきゃいけないような気分になるタイトルのやつが気になります。

土曜日朝に、7月の無限大ホールでのシャッフルトークのチケットを取ろうと思ったら、ちっともクレジット認証されず。まさか限度額行った?なんて戦々恐々。そんなに遣った覚えは無いのに。

チケットよしもとのサイトも電子チケットぴあも埒があかないので、久々にぴあに電話かけたら、「この電話番号は2007年12月で終了です」とか云われてしまったので、別の番号にかけました。昔のクセで連打してしまう、9999。

ようやくとったけど、どちらも繋がった一発目は30番台だったことを考えると、立ち見券になってしまったことに関してチケットよしもとというかチケットぴあに何かしら請求できてもいいんじゃないか、などと考えるのでした。
別に前のほうで見たいわけではないですが。
てんやわんやの心労に対して。

そんでもって今日チケットよしもと見てみたら自由席余っているし。
まだ引き換えていなかったので自由席のほうを買いなおしました。
めでたし?
nice!(0)  コメント(0) 

104.古手川ドリームランド [【神保町花月】]

このあとに見た「RG VS ハブ~ジャッジ熊谷~」にかき消されて、カーテンコール含めて2時間超あったのにいろいろ思い出せないです。

初日らへんは1時間半程度だったと知り、千秋楽だからいろいろ足した結果の2時間なのだろう、と推測。だけど、千秋楽が初見の私としては間延びした印象になってしまったり。
あと、話の収束のさせ方が、無理矢理大団円という気も。
『三ツ星ストア』的な物語の散漫さ(事件が多くてなんだかそぞろ、っていう)も気になったし。

教訓
「初見かつ『単独ライブ行く!』みたいな芸人が出てないときは、千秋楽を避ける」

いまさらな教訓ですが。
周りのお客さんと熱が違うからってのもありますね、千秋楽避けるのは。

役としてはキューティブロンズ小三郎がいい感じでした。

ブロードキャスト
佐久間一行
サカイスト
パンサー
トンファー
キューティブロンズ
ボルサリーノ
星野里佳
nice!(0)  コメント(0) 

決す! [【ライヴ】]

39勝33敗28分で、RGの勝利!

RG VS ハブ~ジャッジ熊谷~、去年に引き続き二回目の生対決でした。
今回もやはり100対戦びっしり。途中に5分ほどの休憩を挟みながら、実に3時間。
ジャッジ熊谷の判定眼も含め、すべてに変な満足感を覚えて帰ることの出来るライブです。
次回が待ち遠しい。
年末のは、今年こそストイックに上映会メインでやってほしいなあ。
nice!(0)  コメント(0) 

こいきなやつら [【ライヴ】]

水曜日に、増谷キートン・椿鬼奴の二人のビッグショーへ。

タタミ夫さんとハラワタ苦子ちゃんがこのライブのあとに控えておりましたが、ビッグショーが想像以上の長丁場、23時終了だったので、見送りました。2ヶ月連続でチケットを無駄にしてしまったー!
けど、それでも満足なくらい、楽しいライブでした。

開場のネイキッドロフト、ご飯が美味しいです。
周りの人がよく注文しているので、こちらも注文しやすいのが嬉しい。
あんまり注文してる人がいないと、一人でもりもり食べるのははばかられるので。

まずは二人が登場。
キートンさんは中生。奴姉は「♪ダイナミック 大生~」。もはやおなじみ。

トークもそこそこに、早速ゲスト呼び込み。
登場のカラオケで岡村靖幸が流れた時点でRGと信じて疑いませんでした。
予想は的中で、ゲストはレイザーラモンRG。
鑑識・米沢守のモノマネ、というかコスプレ、で登場。
自身のどこにその素質を見出したのだろう(体型か?)と思いつつ、パッと見、RGと気づかないほどに扮装は完璧でした。このモノマネのために衣装買ったらしいです。
ちょっと『徹子の部屋』トークで盛り上がる。

気になるCMの話。
キートンさんがあらかじめ考えてスケッチブックに書いてきたトークテーマでお話。
お話、というか愚痴。

一部の最後はカラオケで。
キートンさんは聖飢魔Ⅱの楽曲。よく声出るなあ。
そして間奏のギターソロが格好良いがゆえに起こる爆笑。
奴姉はホイットニー(ウィットニー)ヒューストンで。ウィットニーが乗り移ったかのような絶唱、そして表情。
RGは、キートンさんに「誰もが聞いたことあるけどタイトルとか歌ってる人は分からないような洋楽」と評されたRick Astleyの『Never Gonna Give You Up』を。
あまりに似てて笑いすぎたけど、YouTubeで改めて聴いてみたらさほど似ていない!

二部は、キートンさんのトークの続き。
「3年前の海」すごいなあ。
キュートンは忙しいようで、夏にはツアーも決まってるそうです。
あと、広島公演。
池谷の25次会でのエピソードや、奴姉のお友達との話など。
他にもいろいろ。
あ、遊びに来たデッカチャンが『さよなら人類』で登場。
RGがサビで「♪ついったついた」といいとこを持っていく。

奴さん何か歌ってたなあ。何歌ってたっけな。

最後はNIRVANAの『Come As You Are』のカバーを、キートン(Gt.)、奴(Vo.)、RG(Ba.)で。
この三人組だと、NIRVANAだそうです。
これにハブちゃんが加わると、X JAPANです。
ベースを弾くRGを不覚にもちょっと格好いいと思ってしまいました。
さすが「夢は堂本兄弟のうしろでベース弾くこと」な人だわ。

NIRVANA聴くと、「ほんとにPlastic Treeのルーツだなあ」と思う。
ベースラインとかメロディラインが。
この曲、特に色濃いほうだと思う。
nice!(0)  コメント(0) 

分解 [【日常】]

金曜が一番よく酒を飲みましたが、3日とも酔わなかったのでよし。
nice!(0)  コメント(0) 

急肝日 [【モブ】]

お酒は一ヶ月に一回飲むかどうかくらいなので、三日続けて飲むってなると発汗がすごい。
カンハツがゴイスーです。
nice!(0)  コメント(0) 

揃い踏まん [【モブ】]

会社のトイレでよしもと大運動会(たぶん行かない)のチーム表みてたんですが。

★チョコレレートプラネット率いる
「チーム超新星」
・チョコレートプラネット
・井下好井
・渡辺直美
・ジャングルポケット
・メメ
・タモンズ
・バース
・トンファー
・シソンヌ
・南国姉妹
・パンサー
・ボーイフレンド

こういうのを見ると、ブルースタンダードって解散してもなんやかんやだな、と思う。
あと、シソンヌが浮いてる気がする。
nice!(0)  コメント(0) 

見覚え [【モブ】]

ま、松ちゃんの隣に吉村がいた!

来週の○○な話に出るのかあ。
nice!(0)  コメント(0) 

アレンジャー [【日常】]

ニコニコ動画の、いっくんオーディション。
奴姉の動画をリピートしてみております。

「フジ フラジールいつもそう~」

で毎回笑ってしまいます。
明日の、2人のビッグショーが楽しみだー。
nice!(0)  コメント(0) 

骨折り [【ライヴ】]

土曜日に一人カラオケしてて、後半30分くらい、最近歌ってない歌を歌いたいなあ、と思って、ジャンル「ヴィジュアル」を選択したら、Aioriaの『花詞』が入っていたので、鼻の穴を膨らませながら送信!
ニヤニヤしながら歌ってやりましたとも!!

「自己破綻なきぃみに ぅあなーこーとばーを うぁーげるぅー ぅあなぁーひとぉーひらぁー」
と歌ってやりましたとも!!無駄に鼻声で!

ちなみに普通に読むと、
「とざされた君に、花ことばをあげる、花ひとひら」
です。あのころのヴィジュアル系ってすごい。そして基本的に「は」は「ぅあ」と発音していた。

他にも10年くらい前のヴィジュアル系の曲を数曲歌ってきました。楽しかった。
ヴィジュアル系ってのは服装とか見た目的な問題なので、曲調は意外と多岐にわたっているから歌ってて楽しいんだろうな。あと、ヴォーカルのモノマネしながら歌えるところとか。
でもやっぱり入ってない曲のほうが多いですね。Aioria入ってたの、奇跡?

DASEINがやたら聴きたくなって帰りにレンタル屋さんで探しましたが、なくてがっかり。
『現存在』とか中古で安く売ってないかな。ほかのCCCDなんだもんなあ。
Amazonの試聴で聴いただけで懐かしすぎて泣ける…!『そばにいてほしい』泣ける…!

DASEINの代わりにsupercell Feat.初音ミクのアルバムを借りてきてしまいました。
『メルト』をカラオケで歌いたかったので…。

あ、POISON GIRL BAND漫才トークのことを書こうと思っていたのでした。酷い脱線だ。
開場が30分ほど押しました。

漫才 『原付』
フリーで喋っているっぽい雰囲気に二人がなるところが、好き。

アホマイルド
ハゲンティンタランティーノとデブンティンタランティーノ。
旬のお野菜はクレソン。

ハローケイスケ
ラジオ風。
単独ライブ行こうかと悩むくらい面白かった。
都合次第では行くかもしれません。

漫才 『ディズニーランド』
『原付』とパターンは同じ。
こういうふうに普通に喋ってるぽいけどポイズンぽさが残るネタで、賞レース勝ちあがれるようになったら本当にすごいと思う。

二人でトーク。

阿部ちゃんが布袋のライヴに当日券で行ったら、エクステンションのペレがいて。
ペレはたぶん招待で、自分は先輩なのに当日券で入ったということが恥ずかしかったらしい。
だけど布袋本人に会いたいわけではないそうです。いままでの幻想を壊されたくないから。
ライヴで阿部ちゃんのノるマイムをしたときの動き、携帯の待ち受けにしたいくらいクセになる動きだったなあ。

スポーツチームを作るとか。
お相撲さんのお話とか。
日馬富士のことを喋るときの阿部ちゃんは本当に嬉しそうでよい。

後半は、坂本さんの誕生日ドッキリ。

私はハローケイスケもアホマイルドも嫌いではないし(どちらかといえば好き)、ポイズン含めて5人でおろおろしてるのも嫌いじゃないですけど、ポイズンの漫才2本と、残り50分くらいトークするような一時間くらいのライヴでいいかな、とは思います。

たぶん、渋谷屋根裏が苦手なだけなんだけど。
本当にお笑いライブを見るのに向いていないです、あそこ。
せめて、イスを3人掛けにして欲しい。

プライムライブの枠で、上に書いたみたいなライヴでもやってくれないもんかなあ。
nice!(0)  コメント(0) 

103.ダメミファソラシド~♪ [【神保町花月】]

100回記念公演ということで。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ツアー後日談 [【ライヴ】]

金曜の夜、カリカトークへ。

ピース又吉
『かわいいひと』
まったんが歌だ~!とワクワク。歌っても又吉でした。

二人でトーク。
・PGBツアーの話(噂段階)
・ツアーに客が集まらない話
・どんなツアーにしたいか
・『アメトーーク』に97年デビュー組で出た話
・林のキャラをつぶすかのようなスーツの家城
・結果、ピアノマン
・池谷の結婚披露宴の話
・家城に欠席して欲しい林の策略
・20分くらい妙な空気になる
・林のぬか漬け

数量限定で、何か食べ物を注文したお客様に林の漬けたぬか漬けが振舞われました。
私はちょっと遅めに注文したので、食べられず。

オコチャ『あなたに』
いままでのオコチャの中でも指折りの音痴ぶりでした。

ちょこっとずつトーク。
カリカ、ポテト少年団菊地、ピース又吉
林・菊地さん、又吉・やっしーという並びでなんとなくグループが別れる。
ここでもツアーの話。この四人で行ったらどうなるかな、みたいな。
又吉は、以前行ったツアーで自分の人気の無さを身にしみて感じたのだそうです。
でも、やっしーも云ってましたが、カリカトークのお客さんは又吉好き少なくないと思うなあ。
固まったプランとしては、夜中に妖怪家城と妖怪又吉(臭いものを塗りたくられている)に追いかけられ、朝まで逃げ切った人は生還、夜の間に捕まった人はツアー終了、という3泊4日のツアーでした。
1泊2日ならまだいいけど3泊は確かに狂気を呼ぶだろうなあ。

カリカ、ライス関町、かたつむり中澤
こちらも、どんなツアーをやろうかという話。
中澤は下町っ子なので、築地や穴場のデートスポットをめぐるようなツアーを提案。築地での「ほっかかれ」ツアー、絶対行きたくないなあ。
関町は、山の手をアピールしきれず。
最終的にはコス町ツアーみたいな話でしたっけ…。

カリカ、オコチャ、とっしー
とっしーは別にあらかじめ呼ばれていたゲストというわけじゃないけど出てきました。
オコチャが渋谷だかなんだかで飲んでいたら、ポテ少菊地さんから電話があって、「今日、カリカさんのトークライブだよ」と云われ、駆けつけたらしいです。なのでけっこう酔い気味。
とっしーが鳥取出身なので、鳥取ツアーをやったら…みたいな話。とっしー、ちょっと痩せてシュッとしたように見えました。モヒカンのせいか最近のダイエットのせいか。そして、空気が見事にとっしーでした。常にちょっと滑り続けているとっしーの空気が大好物だ!

二部の最後に、押見の代わりのゲスト、世界のナベクマの二人が呼ばれて、休憩へ。
「ATODEー!」

ナベクマ『硝子の少年』

カリカトークではカリカ(特にやっしー)をしのぐ勢いで完全なるホームとなるナベクマの登場に沸く会場。ちなみにナベクマは、Bコースのナベと、ガリットチュウの熊谷です。
内容としてはPGBツアーの話に終始していましたが、行かなかったことが大いに悔やまれるほど、楽しそうなツアーでした。全工程(の説明)が面白かった。RGが夕食の時間にスペシャルゲストで出てきて、あまりにもウケるから新ネタ3本卸したなんてとこでは悔しさのあまりハンカチを噛む勢い!
でもさすがにツアーに一人で行くのは気が引けるし、そこまで彼らを好きでもない人を誘えるほどライトなイベントでも金額でもないからなあ…。

オコチャ『なごり雪』

エンディングまでは、PGBツアーの後半の話。最後まで面白かったです。

ナベクマ復活の回を見ることが出来て満足でした。
nice!(0)  コメント(0) 

とうとうやったー!改 [【モブ】]

Image174.jpgこのバブルスくん可愛すぎるやい!

nice!(0)  コメント(0) 

102.ホントの自分 [【神保町花月】]

すっかり書くの忘れてました。
先週土曜に観ました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

病み上がり [【モブ】]

すでに眠たい。
二ヶ月ぶりのカリカトークなのに!
nice!(0)  コメント(0) 

型破り [【ライヴ】]

漫才さんへ。
MCはザ・パンチ。

井下好井
『カスタマイズお化け屋敷』

タモンズ
『大学再入学』

エリートヤンキー
『海賊映画』

ゆったり感
『あいうえお作文』
すばらしいアドリブだった。ゆったり感は面白いってことが皮肉にもミスから証明されました。

囲碁将棋
『おしゃれ紙幣』

LLR
『ウソ発見ゲーム』

ロシアンモンキー
『写真を売られる』

チーモンチョーチュウ
『絶対勝てるじゃんけん』

カナリア
『もんめぶ』

POISON GIRL BAND
『部屋探し』
阿部たんのシャツが半袖の白Tシャツから、迷彩のロンTになっていました。
あごひげもかなりモワモワ。

パンクブーブー
『新聞の勧誘』

今回はなんといってもゆったり感だな。
nice!(0)  コメント(0) 

目撃 [【モブ】]

山手線でLLR福田が窓ガラスを鏡がわりにして髪の毛整えまくってる(笑)。
あと、ポカリめっちゃ飲んでました。大塚製薬だね。

いまから舞台で見る人とは思えん…。
nice!(0)  コメント(2) 

ケツを叩く [【ライヴ】]

シャッフルトーク、犬の心×ライス。

池谷×関町
・25次会の話

押見×関町
・普段から仲いいから逆に弾まない会話
・押見の友達認定
・先日のライスのシチサンライブ
・田所のクセ(肩笑い、袖まくり)

押見×田所
・シチサンライブのおかげでmixiの押見コミュの人数増える
・体型の似てる二人
・舐めてOKな先輩
・キングオブコント

池谷×田所
・田所コレクション2009初夏
・帽子持参で田所に被せ、はしゃぐ池谷
・みんなのクセ

押見がやたらと自分で「名言」を推すので、これが今後、好感度を下げていくだろうと感じました。
寧ろ下げたいのからやってるのかな?
7月のシャッフルトークもすでに決まっているそうで。

7月1日 ライス×グランジ
7月8日 犬の心×チーモンチョーチュウ
7月15日 POISON GIRL BAND×マヂカルラブリー

だそうな。
15日の組み合わせは池谷推薦枠らしい。この組み合わせ……絶対行く!
「犬×チーモン」という発表があったときに嬌声が一部から上がり、客席にチーモンファンが隠れていたことが判明(笑)。押見は、「チーモンファンと3Aファンは許さない(嫌だ、だっけ?)」らしいです。理由は知りませんが。
私自身はチーモンファン云々よりも白井愛好者のケがひどいのでなんともいえない。

好きになる入り口の話でいうと。
・犬の心→チーモン or しずる
は、少なからずいると思うんです。そうです。私がその人です。

ですが。
・チーモン or テレビのしずる→犬の心
という人はいるんだろうか。

勝手に
・はんにゃ、フルポン→犬の心
のパターンは抹消させていただいております。
nice!(0)  コメント(0) 

ど? [【漫画・アニメ】]

『エロティクス・エフ』の裏表紙が『青い花』のアニメ絵です。
ある程度志村貴子の絵から遠ざかることは予測&覚悟できていたけれど、本家の片鱗がうっすーい仕上がりになっております。ふみちゃんはすっかりありがちなタレ目気味メガネっ子になっているし、あーちゃんはちびっ子ぽくない女子になっております。

文句は云うまいと決めたのに現物出てくるとやっぱもやもや。
今号の『青い花』の絵柄が美人なのも、関係していると思うんだけれど。

表紙のあーちゃん。
P.57 中段のポーッとした表情のあーちゃん。
P.58 上段の二人
P.59 あーちゃん。
P.60 鏡に映るふみちゃん。
P.61 下段の二人、それぞれの表情。
P.64 日向子さん。
P.67 中段の井汲さん。
P.74 一コマ目の日向子さんと織江さん。

特にP.57のあーちゃんは、今号のほかのマンガのどのキャラクターよりもエロい表情をしています。

『エロF』は『青い花』に限らず全作品読む雑誌だから貴重だなあ。
nice!(0)  コメント(0) 

iPod classic [【ライヴ】]

ついに衣装いじりのために登場順が最後となったジャングルポケット斎藤。
いままでは芸歴若い順の登場だったので、全員が登場してからようやくいじられていたんですが。
衣装いじりのとき以外喋らないのは、以前と変わらず。

今月のJ
・ディズニーJ
ディズニーランドへ行ったJのもろもろ。
同期のディズニー好きフジモンにライバル心を燃やすJ。

俺をバカにするな
どりあんず堤の企画。
大喜利のお題に対し、3つの答えが出てきます。
そのうち2つはJの回答。1つが堤の回答。
他の出演者が堤の答えはどれなのかを当てるというもの。
1つでもはずされたら、堤の勝利。

お題とJの回答は、5年前のJの著書から引用してます。
なので、当時30歳だったJと、現在30歳の堤の対決。

5年前のJの回答とわからないようにするのが目的なのに「iPod」というワードを使うなど、普段のアホぶりを遺憾なく発揮する場面もありましたが、結果は堤の2勝。
来月は堤主体のライブになるということで、減りつつある客足がますます遠のくのではないかと他人事ながらも気にするのでした。
nice!(0)  コメント(0) 

カラム [【モブ】]

コンビニから外に出た瞬間の空気の匂いが夏だ。
nice!(0)  コメント(0) 

大伴家持 [【ライヴ】]

犬の心押見主催のイベント、ひとり喋り家へ。
冒頭で押見が、喋り「や」か、喋り「か」か、みたいな話をしていました。
お客さんに「や」だと決めてもらう。
だけど押見は「か」のほうが好きだそうなので、結局「喋り家」の正しい読み方は「しゃべりか」になりました。最初から聞くな(笑)。
「噺家」の感覚なんですかね。

持ち時間は各10分程度。
「一人で喋る」ということ以外はお題も何もなく、フリー。

ポテト少年団菊地
いつものお怒り話でした。
ヒートアップしていくにつれてメガホンがどんどんとベコベコに。
最後にはユリオカ超特Qの「おまじない」を模した(のかどうかは知らないが)「日刊スポーツ イレーネの星占い」を報告。しし座は「(昨日に)引き続き、今月最大級の厄日」でした。

ネゴシックス
普段からピンなのに、なぜか緊張する根来川悟。
地元島根のお話など。

グランジ遠山
珍しくスーツなんぞを着込んでいました。
連続写真をもらった話で終わっちゃってもいいような気がしましたが、翌日(今日)誕生日で30歳ということで「売れたい!」と思いを滾らせて終了していました。結果、「7年後に売れる予定」というボケでお茶を濁す。

チーモンチョーチュウ菊地
こちらは一転してまったりムード。
企画ライブとかで聞いていたみたいな普段のフリートークっぽいテンションで。
菊地も白井に劣らず変人だよね…ってやっぱり思う。

POISON GIRL BAND吉田
よしもと大運動会のときのリアクション話に「オカマー!」と興奮。
ずっと「10分も何喋ろう」とか云っていたのに、10分近く経ったころからいきなり生い立ちを話し始め、最後はNSC時代の阿部ちゃんとの思い出を喋り、結局は20分使っていました。

犬の心押見
けっこう、いろんなコンビのファン層が見に来ていたんだな~、と思ったのは、押見の家にファンの人が来た話で驚いている人が多かったので。
犬の心のトークライブで云っていた話だったので私自身聴くのは2回目でしたが、家に入れた時点で押見にも非があるんだよな、この話。

Bコースタケト
ナベのオカマ話なんかは、同じエピソードを何回も聞いているのに面白い。
おまんじゅうを「かわいい~」て云いながら連写する話とか。
毎回話し方の演出が微妙に変わってるから面白いんだろうなあ、と感じました。

カリカ林
こちらも菊地さん同様のお怒り話。
ただちょっと話し方がコントっぽく、浅草仕立てっぽくもありました。
何度か伝家の宝刀「ございあす」が出そうになっていた。

矢野兵動・兵動
さすがです。面白かった~。笑いすぎて涙出た。

次回はまだ決まってないそうですが、またやりたいね、という感じだそうです。
みんなそれぞれ面白かったからまたやってほしいなあ。もちろん、違うメンツでも見てみたい。
そして次回も、今回の兵動さんのようなポジションのゲストの方がいたらいいなあ。
nice!(0)  コメント(2)