So-net無料ブログ作成

失敗談 [【モブ】]

佐藤大の昨日のブログを読んで、肩が揺れるほど笑う。
ケータイ片手に一人でご飯食べてるだけなのに…恥ずかしい。
今日、がんばれ!
どきどき。

前にアームストロング安村のブログで似たような記事を読んだときもかなり笑い、翌日自分が同じミスをする、という失態をおかしているので、今回もなにかあるんじゃ…とヒヤヒヤ。
nice!(0)  コメント(0) 

大きなたまねぎのテント [【ライヴ】]

090830_203414.jpg

案の定。
Plastic Treeのライヴは雨模様。
スーパーリーダー長谷川正の雨男ぶりはいまだ衰えず。

Plastic Tree的には、二度目の日本武道館ワンマンライブ。
24時間テレビを差し置いての日本武道館。
ちなみに本日、ビッグサイト東ホールではGOOD COMIC CITY開催。
笑ってしまった。

開演前、17時すぎごろ(開演17時予定だったけど30分弱の遅れ)、変なざわざわ&拍手が起こりました。私の隣にいた二人組が云うには、清春が来た、ということらしいです。そりゃ騒いじゃうよね、バンギャだもの。
(追記:清春はいけなかったらしい。ソースは清春ブログ。拍手はムックらしい。ソースは2ちゃん)

一曲目が『幻燈機械』。
この曲に関しては、武道館だからとかどうとか云うことでなく、涙が出てきて仕方がないのです。普段の生活の中でiPod聴いてて流れ出しても、つい涙腺が緩みそうになるほどですから。
そんなわけで初っ端から、7分ちょいのあいだ泣く。我慢するけど、生で聴くとやっぱダメ。

その後のセットリストは、新旧取り合わせつつ、ここ一年くらいの曲多めで。
竜太朗さんの歌の音程が不安定で(『グライダー』音痴過ぎて笑った)、「やっぱり太朗はこれだぜ!」となんだか妙に満足しました。
アンコールは一回で、ちゃんとおしまい。エンドロール流れちゃって淋しいけど、『そしてパレードは続く』から、みんなおとなしく帰る。まだまだ樹は枯れないようなので。
DVD化されるそうです。『コンセント。』のPVのために、買う…!!

「そういえば、ブッチくんがいなくなって初めてのライヴだなあ」と開演前に思いました。ブッチの脱退が2月か。もう半年以上経つんだなあ。
そんでもって私、新メンバーの名前が、うろ覚えどころか、まったく思い出せないぐらいのレベルでした。
加入のときにアーティスト写真見て、「なんだかふざけた名前のすかしたイケメンが入りやがったな」くらいにしか思っていなかったのです。

彼は、佐藤ケンケンといいました。
私好みのドラムを叩くドラマーでした。
イケメンだけど、ちびっ子でした。
長崎出身だそうで(すぐ調べた)、訛りがそのまま出ておりました。
「初めての武道館」で、「『幻燈機械』で泣きそうになった」と云っておりました。
最後は、ステージ上を両手を挙げて走り回っておりました。

が、がわゆすぎるべや!!!

今日一日で、すっかり虜になってしまいました。ちみっ子大好き…!
Plastic Treeは大きい人たちじゃありません。一番背の高い竜太朗さんが172cm。アキラ&正が168cm程度。そんな四人に挟まれても小さかったので、165cm弱くらいなんじゃないかな。私のほうがでかいでしょうな。
あまりの可愛さに心臓が締め付けられました。それでいて格好いいドラムを叩くので、ますます締め付けられた。あの細い体のどこからそんな力が出ているんだろうか。ミュージシャンとは、げに不思議なものです。

竜太朗さん見て、「そういや、この人ポテ少よりも年上なんだよな…」と思いました。現在年齢非公表にしているみたいですけど、椿鬼奴と同学年ですよ。
スーリーなんて来年40歳。全然見えない。
アキラも髪形以外は全然変わんないし。
これまた、げに不思議。

初めてライヴを観に行ってから丸10年が経って、一周まわって大好きなバンドだと思えて、とても楽しいライヴでした。万全な体調で向かえてよかった。
nice!(0)  コメント(0) 

自愛の褒美 [【モブ】]

よく寝たら熱も下がりまた。
ただ、外からの

「わうあ&$%¥*?!!」(なんなのかわからない)
「これで終わりかよぉ!?」
×2

といった謎の奇声で目覚めるといういらないオプション付きでしたが。

で、何故かふと思い出してカリカトークのチケットをローチケでみてみました。
発売日に取れなかったので。
そしたら、キャンセル分が…!

奇声、ありがとう。
犬トークに行かなかった私への慰めか。
nice!(0)  コメント(0) 

業得自 [【モブ】]

神保町から帰ってきたら、すっかり発熱だよー。
これでオールナイトのライブはつらいよー。
だから犬トーク、初めて行かないよー。
明日がPlasticTreeの日本武道館ライブじゃなければ無理して行ってたかもしれないよー。

もう一つの理由としては、他のオールナイトライブであれば行ってぐったりして帰ってきてもいいけど、犬トークは最後に池谷さん(あえて「さん」付け)との握手があるので、帰りにぐったりしてると申し訳ない気持ちになるからです。
池谷さん、いつもキラキラしてっから。お手々柔らかいし。

風邪でもウイルス性の病気でもないので、「熱があるけどライブに行くか否か」を検討してます。さすがに伝染させる危険をおかしてまで人が多数集まるところへしゃしゃって行きませぬ。
nice!(0)  コメント(0) 

シュレディンガーの [【モブ】]

昨晩、あまりに前髪が無造作だったのでセルフでカットしましたら、途中からやめどきがわからなくなりました。
あるある。
無造作を通り越して、もはや無頼のおもむき。

持ち前の思春期心で「明日美容院行くまで会社休む!」となりかけましたが、そこはそれ、実年齢相当なタフさも合わせ持ってはいるので、「気にするのは己ばかりなり」と一句詠みながら床につきました。

今朝、鏡を見ると、それなりになっている前髪がそこに。

もしかして、私が寝ているあいだに小人さんたちが素敵に切り直してくれたのじゃ…?

ただ、鏡の中に入るのは思春期女子というより坊ちゃんでした。小人さん、ショタコン!
nice!(0)  コメント(0) 

かぷかぷ [【日常】]

仕事の休憩中にネット見てたら、Googleのトップに「宮沢賢治の誕生日」とありました。
宮沢賢治といえばまあ作品はいろいろありますけど、ある種トラウマなのが『やまなし』。
前にも書いたかな、これ。ま、いいや。

こちらのページの冒頭にあるように、最近はどうだか知りませんが、私が小学校の授業で読んだとき、私の嫌いな担任の先生は「クラムボン」を「泡」だと云いました。で、そのあと確認のように生徒たちに「クラムボン」は何かと尋ねました。

5年生か6年生かわからないけど、その先生が担任だったのは5,6年のときだから、そのとき。

私はその問いに対して「なにか、わからないもの」というようなことを答えたと思います。少なくとも「泡」とは答えなかった。そしたら、先生に「泡だって云っただろう。先生の話を聞いていなかったのか」というようなことを云われてしまいました。私以外に「泡」だと答えなかったのはクラスでもう一人だけでした。
実際先生の話を聞いていなかったから当時の私はそんな風に答えたんだろうと思います。
逆ギレはなはだしいんですが、そんな風に云われて私は「えええ…」と戸惑い、ムカつきました。

そのことはなんだかずっと心に引っかかっていて、「なんかおかしくない?」と中学・高校と思い続け、大学で国文学を学んだときに、「やっぱりおかしい」と確信したのです。

あの担任は国語の読解に関して、教師用テキストを鵜呑みにするしか出来ないような馬鹿だったんだなあ、なんてことをいまなら思えます。また、先に教科書の解を提示してから児童に自由解を尋ねる馬鹿でもあったんだなあ、と思い返して気づきました。誘導尋問みたいなもので、解が用意されているのに完全に自由な発想なんて出来るわけがない。出来るとしたら、独自に『やまなし』を読み込んでいる子くらいです。小学生にそれを求めるのは酷なんじゃないだろうか。

私は話を聞いていなかったおかげで、当時自分の中にあった答えを出すことが出来たのだから、あのクラスの中では幸せ者だったといえます。ただ、国語教育に不信感を抱くきっかけになったできごとなので、ずっとこびりついてて素直に読めない作品です。作品に罪はないけど。

最初にリンクしたページを読んで、「わー、そんな解釈あったか」と。
読み終えたときにはすっかり休憩時間は終わっていたけど、まあいい。
nice!(0)  コメント(0) 

117.夕立の忘れ物 [【神保町花月】]

密度のある話がコンパクトにまとまっていて、とても面白い芝居でした。
変に長くて途中で時計見ちゃう作品より、90分弱でこれくらいのクオリティのもの見せていただいたほうが客としてありがたいです。劇場の座席が長居するのに向いていないし。
こういう作品こそDVD化して欲しいなあ、なんて思う。

パンサー尾形
黒川鉄平
自分が運転していた自動車の事故で妻(実花)を死なせてしまったことを後悔し続けている。
いままでの尾形の役とは違って、ちゃんと理性のある(筋肉バカじゃない)役でした。
ちゃんとお芝居できるんだな…てなんか思いました。

パンサー向井
タクヤ
“森”で遭難していた青年。二十歳。
青年役として嫌味がないのがいいけど、アヒル口が気になります。

パンサー菅
青山洋
実花の兄。“森”の家の主。
棒読み感は拭えないけど、最初のホームレス役より芝居らしい芝居でした。
それは役どころにも因るか。

ミルククラウンジェントル
進藤歩
洋の友人。元オカマの妻子持ち。
チンピラとか柄の悪い役やってるジェントルより、こういう役やってるほうが好きです。
ちょっとがに股だけどやはり美脚。

ミルククラウン竹内
花田裕二
洋の友人。役所づとめ。「バブサイク」な妻と離婚して一人。
「バブサイク」は千秋楽で菅が噛んだ結果に出た新語です。ブサイクの一個上、の意。
逆に竹内が悪い役やってるのみたことない気がする。

ふくろとじ てっちゃん
新谷誠
実花の元彼。DV男。
いいキャラしてました。
エンディングでは「(ストーリー的に)やばくないですか」と涙を浮かべる。

ふくろとじ けんちゃん
田沼喜一
“森”で遭難した男。実は自殺志願者。
そういえば『パパはヒットマン』ぶりだなあ、ふくろとじ。
って、けんちゃんをみて思いました。

石井あす香
青山実花
2年前に交通事故死。“森”の声が聴こえる力を持ち、“森”のそばにいるときは未来予知ができる。
この方の芝居が自然に馴染んでいたのが、よい神保町芝居だなーと思えた理由の一つです。
純名理沙っぽいですね(見た目)。
nice!(0)  コメント(0) 

まとめ書き [【ライヴ】]

21日
東京シュール5の夜の部へ。
村上プロデュース、純の部屋。

今回も違わず茶番でした。

サンパチ挟んで目を合わせるポイズンに泣きそうになってしまうヲタ。

22日
真夏のオーダーメイドショウへ。
全部でコント18本。うち4本がジャングルポケットの代表ネタ『コンビニ』。

カリカ、犬の心、ライス、ジャングルポケットの四組がそれぞれ10本ずつネタを持ち寄り、お客さんに、「どのネタを見たいか」オーダーしてもらう。各コンビ、合計の持ち時間は15分。

ジ『スナック』
ラ『KOC二回戦敗退のネタ』
犬『短パン』
カ『サボテン』
ジ『ミステリアスゾーン』
ラ『レッドカーペットオーディションでやったネタ』
犬『ボクシング』
ジ『クラブ』
ラ『AGE SAGE で時間内に入らなかったネタ』
犬『アリ』
カ『ちんねん』
ラ『M-1で三回戦までいったネタ』
犬『』(忘れた…)
カ『ハム回し』
ジ『コンビニ』
ラ『コンビニ』
犬『コンビニ』
カ『コンビニ』

『コンビニ』には、武山が4本とも出演してます。
同じネタでも各コンビの色が出ててよかった。
ジャングルポケット達者だな、ってなんか思いました。この日卸した『クラブ』以外はどのネタも見たことあるけど笑っちゃったもの。
ライスの、『KOC二回戦敗退のネタ』は、関町が噛んだ噛まない関係なく、「こりゃ落ちるネタだ」と思ったので、ライスの二人が「関町噛んだ問題」で喧嘩する必要はまったくないと思いました。
犬の心がらしくネタやってて楽しかった。
『ちんねん』が久々に見られたのは嬉しかったけど、もうちょっと途中までちゃんと云えてるパターンのほうが好き。『ハム回し』はとても好きでした。行楽地の子供の前でどんどんやってどんどん泣かせたらいい。
nice!(0)  コメント(0) 

やんや [【日常】]

今朝、急激におなかが痛くなり、ニセの地震予報におびえ、ひどい倦怠感を覚えたため、休む。
いま仕事はあるにはあるけどかなりエアポケットなので。

午後からすっかり体調よくなってきたので、ネットなんか見ています。
綾瀬はるかのCM的な有給の取り方になってしまいました。

私は人並み(以上)に野次馬ですので、朝新聞を広げれば人生案内見て相談内容に「こんなことで新聞に送ってくるなバカタレ!」などど悪態ついたりしております。普通の相談内容ならば「あらま、大変だね」程度ですが、あまりに酷い相談内容(前述のバカタレの類)だったりするとわざわざ切り取っておいておいたりします。
ちなみに我が家は読売新聞なので、コボちゃんの面白い回があると、それも切り取ります。

で、そんな大きなお世話なことを脳内で考えるの大好きな私が、発言小町を見逃す手はありません。当然のようにROM専で楽しんでおります。
ここ数日気になっているのが、これ。
以下、小町への投稿かのような意見。

上司の通夜で妻の過去が
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0821/258209.htm?o=0&p=0

これで、相談者に対して「男が小さい」だとかなんだとか書き込んでいる人はいったい何なんだろう…。人格疑う。変な嫌味(「これからは清らかに生きていらっしゃってください」みたいなの)書いてる人も、品性を疑う。
もし自分の伴侶(いないけど空想で)が「オレだったら通夜の場で同僚殴ってお前を守ってやる!」なんて云い出したら「他人の通夜でそんな問題起こすな!」とか「暴力で解決しようとすんな!」とか「もっと嫉妬しろ!」とか思うだろうなあ。「不倫なんて馬鹿なことしねえよ!」とも思うでしょう。
いまの段階で自分の心を抑えて離婚という結論を視野に入れないような男は、たぶん妻のことをちゃんと考えていないです。ちゃんと考えていたからこそ裏切りによって身体を袈裟懸けに切られたような深い傷を負ってる。愛してなかったら、(一時的にでも)体触れないほど相手のことダメになったりしないと思うし。
愛情表現は千差万別ですけれど、相談者は私と似たような感性なんだろうなあと思うので、心情的に同調せざるを得ません。

あと娘は、いま何歳かにも因るけど、離婚の原因を本当に知った場合、母親を憎悪するんじゃないかな。私なんていまだに思春期真っ只中な精神状態ですから、母上が現在でも過去でも不倫してる(た)なんていわれたら発狂するでしょう。それが幼いといわれるなら私は一生幼くていいです。
母親側に引き取られた場合は「お母さんのせいで離婚した」なんてわざわざ説明しないだろうから、説明内容次第では父親に悪感情抱く可能性ありますが。

上司の奥さんが何も知らなかった場合、一番可哀想なのはその奥さん。別のトピックスとして奥さん自身が「夫の通夜で…」みたいなのを立ててもおかしくないです。
これを母上(母譲りの野次馬と悪口)に見せたら、「墓になんか骨入れてやんないでその辺にぶちまいてやるね!!」と云っておりました。「ぶちまいてやる」は母娘でユニゾンしてしまいました。

続きません。
nice!(0)  コメント(0) 

グランジ単独ライブ~ブンブン甘くて冷たい水、万歳~ [【ライヴ】]

歓声がワーッとかキャーッとかあがるとなんか冷める自分がいやです。
急に自分のなかで笑いのハードル高くしちゃうし。

『たまや』
オープニングVTR
『我慢できない症候群』
V『流しそうめん』
『喫茶店』
V『グランジとデート 遠山編』
『除霊』(『奇跡の手』というタイトルだったらしい)
V『』
『』
V『占いの館』
『漫才(ブレイクキャラ)』
V『グランジとデート 佐藤大編』
『結婚式』
V『大御所に挑む』
『百年戦争』
V『大御所に挑む 延長戦』
『』
V『グランジとデート 五明編』
『金持ちにこびた者の末路』
V『エンディング~五明誕生日ドッキリ』

抜けてるのは、なにかありそうだな、とおもうところ。
順番は大体あってると思いますが自信なし。
カメラが入っていたので、配信されるか、発売されそうな予感です。

個人的に盛り上がったのは『大御所に挑む』やつで、それは笑い的な意味というよりゲームに熱くなるような意味でした。
いいネタが多い気がするけど、いまいち爆発する笑いがないような寂しさ。
コントは、『百年戦争』が一番好きでした。
nice!(0)  コメント(0) 

二期の河岸 [【ライヴ】]

品川へ二期会をみに行きました。
四日連続でカリカ林を見てることに気づいた…!

コーナー
古今東西を二問やり、それぞれの敗者があっちむいてほいをやり、さらにその敗者が公演の最後に罰ゲーム。
敗者はカリカ林。
キートンさんはあっちむいてほい強い。

ネタ
ええ、ネタです。

あべこうじ
カラテカ
Bコース
デッカチャン
ガリットチュウ&ハローバイバイ金成
カリカ
佐久間一行
ニブンノゴ!

ガリットチュウとのコラボによって、ますますピン芸人の色が濃くなる金成。
こんな状態になって、ハローバイバイがバイバイしないのが不思議。
関が洗濯機の中で踊ってたネタ(うまく説明出来ないしうろ覚え)が懐かしいなあ。
昨日のオーダーメイドショウでは見られなかったカリカの取り調べが見られてうれしい。

休憩が10分。

新喜劇
10分やそこいらで立派なセットが組み上がるんだなー、なんてとこに感心してしまいました。
滅多にルミネの通常公演は行かないし、新喜劇もみないので、目新しかったです。

エンディング、カリカ林の罰ゲーム。
ガリットチュウ福島のけつキックと、しんじの鼻舐め。
キックに備えて踏ん張りすぎて、蹴られる前に内股を攣る林。
nice!(0)  コメント(0) 

夜明けの目薬 [【モブ】]

久々に、早朝の歌舞伎町でお店(今日のはバーらしい)の呼び込みのお兄さんに話し掛けられて歩きながら相槌打って交わす、みたいなことがあったので、ただでさえぐったりなのに余計な緊張がありました。
お店の呼び込みだけを真摯にやればひっかかる人もいるかもしんないのに、途中でナンパっぽくシフト(番号教えて等)するから、本気で嵌まったら抜け出せないタイプの真面目女子にバリケードを張らせてしまうのだと思うぞ!
まあでも、実際嵌まられたら面倒だからシフトして願い下げさせてるのかもな。

そんなことを考えながら、『ひまわりっ!』(東村アキコ)11巻を読む。
やっぱり、アキコ・健一二号・節子の恋愛話がストーリーに絡んで来ると、そこだけ面白さが激減するなあ。それ以外はいいのに。
nice!(0)  コメント(0) 

滑り騒ぎ [【ライヴ】]

漫才RUSHへ。

トレンディエンジェル
えんにち
ものいい
イシバシハザマ
チーモンチョーチュウ
初恋タロー
アームストロング
ブロードキャスト
平成ノブシコブシ
ノンスモーキン
パンクブーブー

イシバシハザマ以外は大なり小なりすべってた。
登場に歓声が上がるのに。
nice!(0)  コメント(0) 

あぶらった [【モブ】]

090821_214246.jpg食べたー。
これからルミネです。

nice!(0)  コメント(0) 

はやとちり [【モブ】]

村上プロデュースでした。
事前情報ほぼゼロだから、よくわかってない。

天丼食えるかなー。微妙だなー。
nice!(0)  コメント(0) 

曲から [【モブ】]

押見プロデュースかな?
nice!(0)  コメント(0) 

あぶらあぶら [【モブ】]

goo占い見たら、今日のしし座の夜のラッキーメニューは天丼らしいです。
それを知ってから、天丼が食べたくてしかたありません。
シュール5ってどれくらいに終わるのかなー。
品川から移動して、プライムライブまでのあいだに食えるかなー。
nice!(0)  コメント(0) 

お上手 [【ライヴ】]

東京大喜利倶楽部、夜の部へ。

今日の個人的No.1回答は、
カリカ林「ぎっふりギフ岐阜」
です。

「ぎっふいどう!」
も大好きだった。
尾を引く馬鹿な笑いで。

優勝はマヂカルラブリー野田。
ジューシーズ児玉があまり揮わず一回戦敗退。
前評判から期待していたので、残念でした。
夕方の部とかも見たかったなあ。
nice!(0)  コメント(0) 

シーボ [【モブ】]

こんな時間なのに眠気が限界!
どうした。

神保町花月の100公演記念本を買いました。
もっとちゃんと校正しなよ…ってとこがちらほらありましたが、ファンブック的意味合いの本だと思えば許容範囲。というか、だからこそ校正の詰めが甘かったのか!?

あと、まさか40ページとは思わなかったぜ(笑)。
小屋のファンなら買ってもいいかと。
何かのコンビのファンで公演の写真とかが目当てなら、値段もお安くはないですし、買わないほうが賢明かも。
nice!(0)  コメント(0) 

すきやき [【モブ】]

歌うま王を見て、しずる村上の歌唱にやはりゴロゴロしました。
マイクの持ち方がかわらんなあ。

最終的に夙川アトムにゴロゴロしたのは内緒です。
渡辺直美のお腹かわいかった。

ちょいちょい映るパンチ浜崎に「なんか腹立つ(笑)」と思いながらキャッキャしたり。
nice!(0)  コメント(0) 

訴求 [【日常】]

爆笑問題のニッポンの教養のSPを見ておりました。
頭いい大学の学生は一癖あろうと二癖あろうとちゃんと人の話を聞くなあ、と。
人の話を、その人を、その人が指し示すものを見ながら聞ける人は、通じる人です。
通じることを拒絶するとき、人はそれを見ない。見たくないから。
思考のベクトルが異なることで反発しあうのと、それ拒絶することとはまったく違うので、例えば自分とまったく違うベクトルの理論や思考を持ち出されたとしても、一旦最後まで聞くという姿勢があることは大切です。

芸術ってなんだろう、と考えたり。
「本当に見てる人は自分のこと(自分の作品)を分かってくれてるのかな」と云っている学生がいました。
芸術家は、分かってもらいたいから「芸術」やってるんですかね。
どんなジャンルでもいいけど、なにかの作品を、作者の意図通りそのままに理解できる鑑賞者などいないと思うし、自分の手を離れた時点でそれはもう自分の作品でないとすら考えたほうがいいと思う。その作品と自分とが対峙するときだけそれは「自分の作品」なのであって、その作品が自分以外の誰かと対峙したとき、もはやそれは「その人が見る○○(作者)の作品」という別物になっているから。
自分の考えてることを分かってもらいたいのであれば、音楽だとか美術だとかいう抽象化されたものに変化させずに言葉で、文字で、身体で、具象化したもので端的に表現すればいいだけのことです。

私が考えるのは、もっとこう、内側から湧き出るもの、衝動とか、突き上げてきて仕方が無いけどそれを具体的に説明するような術が見当たらなくて、だからこそ音や色や線や形や回りくどい文章表現とかで心のもやもやを捏ね上げていってなにか人目に触れるような、聴こえるような、におうようなものにして、ブンッと自己から切り離したものなんじゃないかなあ、と。
それが他人に感じられて、だからどうだということではなく。
他人の評価とかどうでもいいんです。
自分がそれを自分の中から切り離せたことに対する満足感とか虚無感とか、そういうのを感じるようなもの。
が、芸術なのではないかと。

そうなると、芸術と「ご飯食べてく」ことは両立しなくなるけど、たまに両立できちゃう人がいて、その人は、時代と体現したいものがちょうど合致しているだけなんじゃないかなあ、と。
最初から「芸術でご飯を食べていこう」と思った先に芸術はあるのかしら。

「いまこの瞬間大勢に対して自分の言葉をぶつけたい」という太田に対して、「(時間・距離的に)遠くの相手を見ずにその場で発してしまうことが不毛に感じる」というようなことを云った学生がいました。
思ったことをその場で口に出して文字にして大衆に向けてぶつけることで大いに稼ぐことが出来ている太田と、まだ見ぬ誰かや自分が死んだあとまで作品を残したいと考える芸術家(いまんとこ自称)と、どちらが不毛なのかしら。
それって、数百年後に分かるのだろうか。
nice!(0)  コメント(0) 

しばれる [【ライヴ】]

三回目の大喜利宇宙一王座決定戦へ。
徐々にお客さんが増えてきているように思います。

MCはおなじみコンマ二センチ堀内。
氷の惑星ブリブリブリザード予選ということで、真夏の日本に厚着の小男が一人。

Bコースハブ
増谷キートン(食中毒でおなかビチビチやねん)
レギュラー松本
ミルククラウン竹内
バイきんぐ小峠
ときわさん(素人の方だけど実力者だそう)
アホマイルドクニ

一人置きにハゲです。

優勝は増谷キートン。ちょっとキートンさんに甘めの採点だった気が。
優勝商品は、宇宙トンカチ。

アホマイルドクニくんの回答「ツバペッペガール」は、語呂のよさ、職業性の高さ等、いま思い返してみてもニヤニヤ出来ます。
nice!(0)  コメント(0) 

116.限りなく灰色に近い光 [【神保町花月】]

さんざんヲタヲタして体力消耗したので、泥のように眠る。
10時に目が覚めて、ご飯食べて、ちょっとベッドに横になったらまた3時間くらい眠る。
ほぼ寝起きで風呂に入り、神保町へ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

体力勝負 [【日常】]

ヲタクは、体力がないとやってゆけないということを、コミケ等のイベントに行くたびに感じます。
特に、夏コミ。
夏コミ一般入場の列で並んでるとき(午前中)のじりじり感たるや…。
海辺が近いというのにさわやかさなんぞかけらもなく、みえるのは工業的な地帯と東京湾のみ。
そしてそびえるビッグサイト。

朝集合。
10時になったらビッグサイトの中から「ぱちぱち」と開始の拍手(10時開始のアナウンスがあると、サークル参加者などは一斉に拍手する)が聴こえて「あ、はじまったはじまった」とか云いながら、列が動き出すのを炎天下でじりじりと待つ。一緒にお待ちの皆様も、友だちとしゃべるとか、カタログ読みふけるとか、DSするとかPSPするとか。現地でコミケのカタログ買う人はカタログ好きか、よっぽど多数のジャンルが好きな人だと勝手に思っています。
赤ブー主催みたいにカタログ購入必須じゃなくて、参加者としては嬉しい。

今年の2日目、混み方が尋常じゃなくてびっくり。
東→西の移動はまだよかったけど、西→東の移動がかなり大変そうでした。
先に東へ行っといてよかった。

ジャンルの問題かな。
1日目はそうでもなかったらしいし。

まみれまみれて何とかお台場を脱出したあとは、渋谷へ。
アニメイトとまんだらけ。桜丘町周辺の涼しさと、まんだらけの寒さはオアシス並み。

最後はヲタ曲普通曲雑多なカラオケで締め。帰宅は23時過ぎ。

同級生が結婚したと聞き、「ぎゃひい!」と思う。
おら、おでれえたぞ!
nice!(0)  コメント(0) 

若い春 [【モブ】]

高校卒アルのオードリー若林にベタにもんどりうってしまいました。
くっそうー!

首太いのに今より顔に肉がついてなくてがすっきりしているのがなんともなバランス。
こんな男子高校生…はあはあ。
nice!(0)  コメント(0) 

塩騒動 [【日常】]

試験は無事に受かりましたが、『ドラクエ9』は購入せず。
ここ最近あった焦りとかネガティブな気持ちが少し薄れました。
すぐ復活しそうな気もしないではないですが。

やっしーのブログがなんだかわらわらしていたようで。
私が記事を最初に読んだときは、「本当はさみしがりやのくせに!」のとてつもない大根ぶり(あ、ぶり大根食べたい)を思い出して、「ぷぷぷ!」とか思っていたのに、謝罪しろだの云々の話に発展して記事削除とかなったんですね。
別に誰が何を思おうがどうでもいいし、誰がどっちを悪と感じようとどうでもいいけど、立場上そんな場所に書くべきでなかったということだろうな。
これで私がもし同じようなことをここに書いてたとしたって「ド痛てーこと書いてる一般人がいるな。嫉妬乙」くらいに思われるだけでブログがあれたりしないのです。だから、云ってる内容はある意味問題ではない。云った人と云った場所が問題だった。
何の問題だかよくわかんないけど。
やっしーが謝罪すべき相手がいるとすれば『ランチの女王』のトマちゃんだけです。

てか、やっしーがそんなに影響力のある人だと認識してないので、「ほぉー」と変に感心しつつ傍観していた次第。
nice!(1)  コメント(0) 

アームストロング単独ライブ~BEST・HITS・STRONG~ [【ライヴ】]

明日、地味に試験を控えております。お盆、真っ只中。
受験料のほうが報奨金より高いから、落ちたら大ダメージなので、追い込みかけたいんですけど、やる気が出ない。正答率8割以上で合格だから、けっこう厳しいんだけど、実務でやってたことだけでいけんじゃねーか、みたいな淡い期待もあったりしながら、傍らに問題集があって、でも今日は一回も開いてないのです。

焦ってるけど、逃げてる。
明日受かったら『ドラクエ9』買おうかな。
社会人3年目でもう新人扱いしてもらえない。
技術職になんでついたんだろう、技術もないのに。
こんなこと書いてた
このころは、いまの仕事してるなんて微塵も思ってなかったはず。
無意味なことを実益のないことを考えるだけでおなかが膨れたらいいのに。

別にそんなことを考えながら見に行ったわけではない、アームストロングの単独ライブ。2days で、二日とも同じなのかと思ったら、別物のライブだったんですね。夏の単独祭りのパンフレットを見てはじめて気づきました。

タイトルどおり、いままでやったライブのベスト版みたいな感じ。
VTRも、コントも、漫才も。
観たことないネタは少なかったので、だいたいが過去ネタだったんじゃないかな?

DVDになるということだからか、要所要所にオシャレっぽい雰囲気が漂ってました。オープニングのVTRとか、やたら凝ってるなー、と思ったり。
1日目もDVD用に収録したらしいけど、ライブのタイトル違うのにどういう形式で出すんだろ。単純に「アームストロングの単独ライブのDVD」という名目なのかしら。

順番はうろおぼえ。

漫才『女子とボウリング』
『マラソン大会』
VTR『50m走で圧勝』
『バー』
VTR『二人だけの運動会』
『』
VTR『ようかい』
『刑務所』
VTR『クリズンブレイク』
『女子バレー部』
VTR『スパイダーマン』
『帰りの会』
VTR『安村ドッキリドッキリ』
『会員限定』
VTR『反省文』
『栗さんと安さん』

あまりにうろおぼえすぎてびっくり。
『』だけになってるところは、コントとVTRの数的に合わないという理由で、その位置に何があったのか思い出せないというより、「コントがもう一本あるはずなんだけど何だったかな~」という感じです。

エンディングで出てきた二人があまりにもゆるゆるしてて、「あれ、アームストロングってこんなんだっけ」と思うほど。それだけネタのほうがちゃんとネタしてたということですかね。

まったくもって比べるべきじゃないんだけど、最近見た単独ライブがそれだから、カリカと比べてしまって、「あー、やっぱなんか若手の単独ライブって、こういうのだよな」と妙に納得しました。カリカが異常すぎたんだな。
nice!(0)  コメント(0) 

よふかしアニメ [【モブ】]

青い花を初めてリアルタイムで見る。

姿子さんの声が高いー。
てか、お母様以外の杉本家の人間の声が予想より高い!

あと、あーちゃんのソフトクリームがカットされた怨みはでかい。
あそこはソフトクリームで解決しようとしたことを恥じるあーちゃんがみどころなのに!
nice!(0)  コメント(0) 

GAG! [【モブ】]

090812_233237.jpgドラゴンボールのこういうとこが好き。

nice!(0)  コメント(0) 

そだち [【モブ】]

とっしーのブログに載ってるとっしーの文字(数字のみ)が、昔勉強してた人の文字って感じがしてきゅんとしました。
伝われニュアンス~!
nice!(0)  コメント(0)