So-net無料ブログ作成

しめ [【モブ】]

自宅で年越すの初めてかもしれません。
年越しそばも食べたし、おなかいっぱい。
あとはガキの使いみながら、えーとえーと、どうしよ。

みなさま、よいお年を。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

たまごからはじめて [【モブ】]

『ひとりでできるもん』の初回をやってます!
まいちゃん、たぶん私と同い年くらいだよなあ。

クッキングじいさん出てきた!
懐かしすぎる。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

はらい納め [【ライヴ】]

2月の神保町のチケット、浅草花月のことをすっかり忘れてとったので、二つ被ってしまいました。
はあ。どうしよ。浅草花月がいきなり早い時間の開演になったりしないかな。
まあいいや。たぶん神保町に行きます。

さっき、丸3日ぶりくらいに外に出て、帰ってきたらなんだかくらくらしました。
昨日部屋の大掃除をして、お部屋がかなりすっきりきれいになったので、引きこもりに拍車をかけてくれております。そして大掃除をするたびに「私って片付けられる女なのねえ」と思わされます。2~3ヶ月放置したものを一気に綺麗にするところが魅力的だから、普段掃除をしないんじゃないか、と思うほど。
基本的に掃除は好き。

ただでさえくらくらなのに、地元に着いたら駅前においていた自転車が倒れて他の自転車と絡まっていました。4台くらい、将棋倒しになっちゃってんの。
で、私の自転車の下にあった自転車のペダルが、私の自転車の後輪に絡まっちゃってました。よっこいせ、と取り出そうとしたとき、ペダルと後輪と私の右手(親指と中指)がガッツリ嵌まり、「やっべ。2009年の締めくくりは右手指切断か!?」などとドキドキしながら、10秒ほど二進も三進もな状態に。ググッと力を入れたり抜いたりして、なんとか抜きました。
右手はパッと見なんもなってなさそうだったのでそのまま自転車をこぎ出しましたが、ずっとジンジンしてるのでよくよく見てみたら、親指の手のひら側の皮がベロリでした。血もよく出ていて。傷に気づいたらジンジンどころじゃなく痛くなってくるのが人体の不思議ですね。

年の瀬に微妙に滅入ることが立て続け。いろんな厄落としだと思っておこう。

前置き長いですが、シャッフルトークへ行ってきました。犬の心×カナリア。
これで2009年のライヴ納めとなります。

前説はバース。
いままで前説はメメとタモンズしか見たことなかったのでちょっと新鮮。
バースがコンビとして舞台に立ってるのを初めて見た気がします。

オープニングトークはほぼ無しで、スタート。

押見×ボン
ボンちゃんへの洗脳。
彼女→ボン
押見→ボン
「とりあえず一回泣いてみよう」
ボンちゃんと彼女は、あれはあれでいい関係だと思います。

押見×安達
安達が「東京やなー」と思う芸人トップ10入りの押見。
1位はカリカで、2位はさっくんだそうで。
安達が、東京ぽい笑いが好きっていうの、なんか分かる気がしました。
オールザッツで19/150の犬の心。インポッシブル、準優勝だったんですね。
大阪を代表して謝る安達の感じも、なんとなく分かる。
私と兄がボキャブラに嵌まっていたころ(小学校高学年)大阪へ帰省したとき、いとこたちに「ボキャブラ面白い」と話したら「あんなんおもろないわ」的反応をされ、そのいとこたちがテレビでやってる吉本新喜劇を見てゲラゲラ笑ってるのを見て「はあ、ツボが違うんだな」と小学生ながらに痛感したことを思い出しました。
安達が押見のおっぱい揉むとかなんだかんだあって、最後は、それぞれの後背位のリズムを手で表現。
バカでした。

池谷×安達
さっきの続きで早速リズム。池谷の軽快さに笑う。
池谷のノロケ話が大半。クリスマスの話とか婚姻届の話とか新婚ぶりの話とか。
子供の名づけの話なんかも。健太郎どうです?とすすめる安達。
健太郎じゃなくて賢太郎のほうがいいような。池谷賢二だから。コバケンぽいけど。
野球のフォームが変な安達に教える池谷。日体大出身の能力に信憑性がある。
二回ほど、池谷を「押見さん」と呼ぶ安達。押見のときにも一回「池谷さん」と云っていた。

池谷×ボン
遊ぼうのコーナー。
・座布団正座ゲーム
・紙相撲

エンディングは5分くらいおしゃべりしたり告知したりで終了。
本人らも云ってたけど案外お客さん少なかったなー。
みんな、実家に帰ったりしているのかな?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

136.10年計画ボーイズ-前編- 煩悩のマシンガン [【神保町花月】]

後編見ないとなんともいえません。
前編だけだったら、いろいろあざとくて逆に見る気なくす人がいそうな気はします。
それにしても、ボーイズの名前が歴代首相。大仰だー。

LLR福田 名無し

ミルククラウン竹内 小泉
若月・徹 大平
若月・亮 羽田
ライス関町 宇野
ライス田所 森

星野里佳 理美
上杉奈央 望

かたつむり林 島袋

ピクニック 王様
LLR伊藤 小鳥太郎(家来1)
ミルククラウンジェントル キャンドル次郎(家来2)
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

はーあ [【モブ】]

091229_212316.jpg『モンモンモン』が読みたいな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

Tournament Of Combination [【ライヴ】]

Cはいろんな意味での。

東京大喜利倶楽部、トーナメントでした。
3人一組となってのトーナメント戦。
一回戦はリレー大喜利で、OKの回答を出した延べ人数で勝敗を決めます。
準決勝は3on3形式。勝ち抜きではなく、先鋒・次鋒・大将戦。2勝先取で勝利。
決勝戦も3on3形式。こちらは勝ち抜き戦で、先に相手の大将を倒したチームの勝利。

MCはアホマイルド坂本。一回戦は判定も坂本さんが行ってましたが、作家さんが天の声的に「ピンポン」とか「ブー」とか裏で判定するほうがよかったんじゃないかと思います。

以下、対戦記録。

1-1
2期生チーム(Bコースハブ、佐久間一行、金成公信)
VS
3期生チーム(パンチ浜崎、ポテト少年団中谷、ポテト少年団内藤)
VS
9期生チーム(ジューシーズ赤羽、ハリセンボン箕輪、ゆったり感中村)
VS
ポンコツチーム(レイザーラモンRG、カナリアボン、ガリットチュウ熊谷)

三名中二名が2期生のポンコツチーム。実際のポンコツチームは、試合前の下馬評どおりに3期生チームでした。パンチ浜崎は最初に一問答えただけで、あとの出番は回ってこず。
2期生チームの勝利でしたが、次点の9期生チームも好きだったな。

1-2
10期生チーム(かたつむり林、ブレーメン関根、少年少女阿部)
VS
8期生チーム(セブンbyセブン玉城、スリムクラブ真栄田、ジョイマン高木)
VS
4期生チーム(オコチャ、POISON GIRL BAND阿部、コンマ二センチ竹永)
VS
7期生チーム(もう中学生、エハラマサヒロ、LLR福田)

チームワークの悪そうな面子がそろう4期生チーム。裏4期と闇4期ということで、花の4期は0名。坂本さんの竹永捌きがうまかった。
7期生チームは、エハラマサヒロじゃなくて東京NSC7期の誰かのほうがよかった気がします。カラー的に。少年少女阿部さんが、たまにキレ気味に大喜利回答を出すのが地味に好き。
8期生チームの勝利。

1-3
キュートンチーム(増谷キートン、椿鬼奴、アホマイルドクニ)
VS
5期生チーム(平成ノブシコブシ吉村、ネゴシックス、ラフ・コントロール重岡)
VS
負け犬チーム(カリカ林、POISON GIRL BAND吉田、平成ノブシコブシ徳井)
VS
6期生チーム(アームストロング安村、ロシアンモンキー中須、ものいい吉田)

帰ってきて備忘録代わりに書いたメモに「勝ったのは6期生だと思う」みたいなことが書いてあるくせに、一人、誰だか忘れてしまいました。おぼえていらっしゃる方、いますでしょうか。(※教えていただきありがとうございました!)
キュートンチームはレギュラーの鬼奴、好調のキートンがいたものの、シアターDでの大喜利宇宙一王座決定戦(超ホーム)でも観客の頭にクエスチョンマークを浮かばせることが何度かあるアホマイルドクニの回答によってあまり進まず。
5期生チームは吉村が大スランプに陥ってました。
実際勝利したのは負け犬チーム。チームの名前はアレだけど、面目躍如?

1-4
福岡チーム(パンクブーブー黒瀬、バッドボーイズ清人、おたこぷー)
VS
レギュラーチーム(カナリア安達、ピース又吉、ライス田所)
VS
11期生以下チーム(チョコレートプラネット長田、ジャングルポケット斉藤、田畑藤本・藤本)
VS
ダイノジチーム(ダイノジ、東京ダイナマイト ハチミツ次郎)

良くも悪くもダイノジのしつこさが印象に残るブロックの中で、レギュラーチームがいつもどおり順調に回答し、勝利。
福岡チームは、M-1チャンピオンとは思えぬ凡回答を連発する黒瀬と、トイレに行っていたためちょっと出トチッた清人が不調。おたこぷーさんが何気に一番面白かったチームでした。
11期生以下チームの印象は薄いです。てか、長田であってましたっけ、11期生枠。

準決勝-1
2期生チーム VS 8期生チーム
○ハブ - 玉城×
○佐久間 - 高木×

ハブちゃんとさっくんが連続で勝利したので、金成と真栄田の対戦はなし。

準決勝-2
負け犬チーム VS レギュラーチーム
○林 - 田所×
×徳井 - 又吉○(5期生対決)
×吉田 - 安達○(同期(東京4・大阪21)対決)

いつもの東京大喜利倶楽部の姿がここに。
どの対戦もいい勝負でした。
林と田所の対戦は、個人的には田所勝利。林の立ち居振る舞いは面白かったけど。
吉田と安達の対戦時に、吉田が「同期イケメン対決」と云い、「やかましわ!」的な一幕が。顔はともかく、シルエットイケメン対決だったら吉田の大勝利でしたね。

決勝戦
2期生チーム VS レギュラーチーム
○ 金成 - 田所 ×
○ 金成 - 安達 ×
× 金成 - 又吉 ○
× 佐久間 - 又吉 ○
× ハブ - 又吉 ○

最初のお題が「ミスチルの歌」に関するものだったおかげで火がついたのか、準決勝で力を温存していたためか、怒涛の回答ラッシュを見せる金成。それは、エンディングで「東京芸人の大喜利のあるべき姿なのかも」と主催者の吉田に云わせてしまうほどでした。
しかしレギュラー陣の砦・又吉がラッシュをおさえ、他のメンツにも勝利。

レギュラーチームの優勝だったけど、出来レース感のない大会だったように思います。いっぱい大喜利見られて楽しかったです。リレー形式が一番好きかも。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

135.1億円 [【神保町花月】]

22日くらいから考えて、なんだかやっとゆっくりできた気がします。
特別忙しかったわけでもないと思うんだけどなあ。
単純に、体力がなくなってるだけかもしれません。
そんなわけで、一週間以上前にさかのぼります。

あらすじ
-----------------------------------------
「国民全員から1円ずつもらって1億円連合」の活動で、
今日もあの人はいろんな人に1円をもらい続ける…
1億円を夢見るどうしようもない大人の話。
-----------------------------------------

ニブンノゴ!宮地
ダイゴロウ(三男)
もしかして、ダイゴロウ兄ちゃんだけ他からもらってきた子、みたいな裏設定があるんじゃないか、などと兄弟の名前と顔のほくろで考えました。

ニブンノゴ!大川
サトシ(長男)
少々変わり者。というか、ほぼ大川。

ニブンノゴ!森本
ショウ(次男)
サトシ兄ちゃんといつも一緒に行動している様子に、ニブンノゴ!関係なく別の部分で萌えた。

Bコース ナベ
オカマのヤクザ
ここ最近Bコースの単独ライブ行けてなかったので、ガッツリ着こんだナベのオカマを見られてよかったです。

Bコース タケト
ジュン(六男)
タケトが末っ子て!と最初は思ったけど、案外しっくり。

Bコース ハブ(べラスティン坊や)
1億円連合会長
最近、ハブちゃんを見るたびにあの腹筋が羨ましくてたまらんです。

グランジ五明
オカマヤクザの子分
五明と暴力の組み合わせって、必要以上に威力ありますよね。

グランジ遠山
カズヤ(五男)
この子が「カズナリ」じゃないのは、ミスなのか意図的なのか、どっちなんだ!
マサキ(四男)にやたら保護者顔する描写でも入れとけばよかったのに。

グランジ佐藤
杉本哲太
ご本人です。

コンマ二センチ堀内
杉本(弟)
サトシとショウの友人。ポテ少版では中ちゃん?

コンマ二センチ竹永
会長の秘書
役は「あー、ポテ少菊地さんを想定した役なんだろうなー。そのまんま」て感じでした。

はいじぃ
マサキ(四男)
マサキが胸まで隠れる水泳の授業等で使用していたバスタオルで出てきた場面を見て、「そういうことか」と解釈しました。私もその考えにはやぶさかでないよ。

武田尚子
兄弟の一番下の妹なんだけど…、名前なんだっけな。
すみません、ここまで書いてきたように、ある共通項を持ったネーミングが為された名前のキャラのしかちゃんと名前を覚えておりません。ダイゴロウは主人公だからなんとなく覚えていただけです。
17歳で家出してお腹に子供できちゃって、という、自分の娘だったら一発平手でも食らわせたいような役柄の女子です。もうちょっと声でかいほうがいいと思います。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

眉筋の凝り [【ライヴ】]

若手忘年会。

途中から何人かの若手たちも眠たそうだったし、お客さんも眠たそうだったし、RG VS ハブの上映会は大勢で見られて楽しかったけれど、よしもと見ホーダイで見たヤツとまるまる一緒だったし。

上海決戦の上映会、どこか小さい映画館ででもやってほしいなあ。
下北沢スズナリの横あたりのあそことか。
1時間上映して、上映後に30分~60分くらいトークか何かするような2時間程度のイベント。
21時開始で23時終了とか。そんなの。
JIMBOCHOトークの番外編みたいな感じでもいいような。

犬の心のトークライブに行ってもよかったかもなー。

あ、個人的に、ハンマミーヤ一木の好感度が若干あがりました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

めも [【モブ】]

書いてないライブリスト。

一億円
東京大喜利倶楽部
タタミ夫さんとハラワタ苦子ちゃん
よしもと若手忘年会(もちろんRG VS ハブ上映会目当て)

忘年会は今夜ですが。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

ひさめき [【モブ】]

なんとなく消しました。

ときめきって大事ね、と。
四年ぶりくらいに面と向かって他人に好きと云われて、私は親に感謝したいですよ。だって、なんの関係もなかった人に好かれるような人間に育ててくれたんだもの。どこが、何が好きなんだか知らないけれど。

この前の詩人の会で「(告白相手に)謝々です」って云ってたやっしーの気持ちがわかった気がしました。それだけで他に何もないのが私の成長しないとこだけれど。

けれどけれど。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

お…おはスタ! [【モブ】]

091225_063232.jpg朝からドキッとしたじゃないか…!(中二の発想)

VOW的ネタ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

相反 [【ライヴ】]

イブの夜にはタタミ夫さんとハラワタ苦子ちゃん。
別にイブとか関係ないので。
あ、友だちの誕生日だったことをいまさら(書いてるのは29日深夜)思い出した。
最近連絡してないけど元気してるかな。

今回は番外編。

サンタクロース(野性爆弾川島)は、おばあさんと二人暮らし。おばあさんは子供たちへのプレゼントとクッキーを手作りしてくれ、サンタを子供たちのもとへ送り出してくれました。
サンタはあるお寺の坊主たちのところへプレゼントを届けに行きましたが、サンタがトイレへ行って目を離した隙に子供たちはしょぼいプレゼントとクッキーをゴミ箱に捨て、サンタの財布からお金を盗んでいました。
トイレから戻ってきて子供たちにプレゼントをあげようとするものの、袋には何もないことに気づき、子供たちにプレゼントをあげられなかったと落ち込みながら帰るサンタ。

家に帰り、プレゼントやクッキー、お金がなかったのは坊主たちの仕業だと気づくサンタ。
寺に再び舞い戻ったサンタの復讐がはじまるのであった…。

まあ、結局はいつもどおり大喜利をやるんですけど、こんな感じのストーリーでした。いつもはストーリー書いてませんけど、なんとなく書いてみました。
最後は、彼氏などおらずイブにこんなライブ見に来ちゃう女性客たちに向けて、ちょっと疼くようなエンディングVTRを。女子たちよりもカップルで来てる客のほうが疼くんじゃないか、とか思ったり。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いそいそわそわ [【モブ】]

ルミネの際はいつもチケットを引き換えるファミマが、いつもとは違った混雑ぶり!そのおかげで、予定よりも遅い電車に乗る羽目に!
もっと早く家を出るべきでした。
舐めてたぜ、祝日。

Flagsのタワレコで、今日発売のPlasticTreeのアルバム、『ドナドナ』を買って行こうかと思っていたけど無理くさ…。帰りにまだ開いてるかなあ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

情緒不安定 [【モブ】]

ハローバイバイの解散が、金成のブログを読んだことで、ようやく自分の中で現実味を帯びました。
もう、解散しようがしなかろうが一緒じゃん、とか思ってたけど、やっぱりはっきりとした形になると(いや、形にならなくなったのか?)、以前のこととか思い出します。いつ以来、二人でいるのを見てないかしら。

少しおセンチな気持ちで関のブログをみたら、最新記事がセキルバーグランドだったのでなんか笑ってしまいました。
こりゃ解散するわ。

その後、PGB吉田のブログで泣きそうに。てか、実際涙出てきました。社食なのに。
自分が感情移入するポイントがわからん。
nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:moblog

愛し君へ [【ライヴ】]

バカだなあ(笑)

「感想は明日」と云いつつ延びるのはもはやおなじみ…。すみません。

金曜日の詩人の会~恋文~。
今回は、詩ではなくて、手紙。恋文でした。タイトルどおり。
その場でお題を出されて、恋文を書きます。
一回のお題につき30分~くらいですかね。書く時間は。
書くメンバーは、カリカ家城、カナリア安達、オコチャ、ピース又吉。

書いてる間お客さんはヒマですので、MCのPOISON GIRL BAND吉田と、BGM生演奏を担当したフレンチブルドッグの3人でいろいろ。フレンチブルドッグは基本、曲演奏。吉田は、最初のうちは初恋のエピソードとか喋ったりしてたんだけど、そのうちスタッフさんからの指示によって太鼓を叩いてフレンチブルドッグとコラボしたり、ピアノを弾いたり(ねこふんじゃった)、舞台袖にあった和傘かなんかで曲に合わせて踊ってみたりしてました。いろんな意味で自由な時間だった。

一通目は、「小人から、白雪姫へ」。
四人とも悲恋ベースでしたが、オコチャの終わりは「別の恋を見つけたよ」というもので、ちょっとハッピー。まったんのが一番壮絶だったなあ。
それぞれ、「小人」の大きさについての認識の違いが手紙のエピソードに現れていたのも面白かったですね。まったんの小人は、小指くらいのサイズ。

二通目は、「明日特攻へ行く兵士から、思い人へ」。
もう一つのお題候補は「デッカチャンから、名古屋の彼女へ」だったんだけど、お客さんの拍手投票によって↑のお題に決まりました。書く側としては精神的に辛いお題になった模様。
どれも死を恐れていて、「またいつか逢おう」という気持ちも共通していたけれど、表現の違い、読み方の違いで、毛色がまったく変わっておりました。
手紙を聞く側なので、「もし自分がもらったら」という気持ちで聞いてみたけれど、いやー、胸に詰まった。もう、一生縛られるだろうな、と思いました。「生まれ変わって会いたい」とか云われたら、縛り付けられっぱなしの人生になるだろうな、と。それを窮屈と感じるか、あるいは心の糧とするか。どっちだろなー。
「オレのことは忘れてあなたはあなたの人生を謳歌してください」とは行かないのね。ていうか、そんなこと云われたらますます「太郎(仮名)さん…」と思って縛られちゃうかな。
やっしーの手紙は、釣りの情景と平和な日々とか、突然振って沸いた別れとか、すべての要素がなんだかたまらず悲しかった。
やっしーのあとが安達だったんですが、これまた「ああ…あああ…」て感じで、たまらんかった。終戦記念日らへんのドラマであんなんやったら、もう『anan』のなんらかのランキングでトップでしょう。

三通目は、「告白を受けた男が、お断りの手紙」。
こちらはどれも手短に、すっぱり。
まったんの手紙の潔さ。私、女だけども云ってみたいわー。
「あなたが思っているようないい男ではありません。ただ、男前なだけです。」

そんなこんなで終了。
あわや法事かと思われたお座敷形式の会場でしたが、普段と違った雰囲気で楽しかったです。ライヴの内容もふわふわな部分とガチガチに密度の濃い部分とのコントラストが面白かった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あー [【モブ】]

今日のよしもとオンライン、見逃せない!
めちゃくちゃ面白いです。

笑い飯哲夫が、いま素敵すぎるー。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

わすれてた [【モブ】]

パンクブーブー、優勝おめでとうございます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

わー [【モブ】]

なんか、逆に泣けない。
わー。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

やっべ [【モブ】]

まだ早いけどパンクブーブーに泣きそう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

やっと [【モブ】]

楽しくなってきたけど、100点には萎えた。
笑い飯西田の敗者コメント、悪あがきが見られないのは残念だわ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

やるなよ [【モブ】]

もう、こんなんなら敗者復活やるなよ。
もしくは、最初から決勝にノンスタ選べよ。
不当に悔しい気持ちになるんだからさ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

まだまだまだー [【モブ】]

ポイズンの五木ひろし、はじめてじゃないけどいつ見たんだっけ。

鬼ヶ島のネタにいろんな意味で泣いた。
野田の表情!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

まだまだー [【モブ】]

コマンダンテはじめて観ました。
ポイズンというより、風藤松原ぽい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

はじまるよー [【モブ】]

敗者復活戦はじまるよー!
最初のブロックでチーモン出るよー!

はあ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

カット2 [【モブ】]

魔女っ子はサユリで、ミサリンは魔法少女だった!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

カット1 [【モブ】]

結局、夜は寝てしまったので朝鑑賞中の『オトナ帝国の逆襲』。

さっそく、オープニングと魔女っ子ミサリンがカット!
知らなきゃ自然ではあるけど、ミサリン見たかったー。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

漏れた [【モブ】]

091219_001701.jpgパンクブーブーだけ入ってないよ!ひどいよ!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

つきあたり [【日常】]

今回もよい会でした。詩人の会。
感想とかは明日。

これからお風呂に入って出たら、録画しておいた『オトナ帝国の逆襲』を見ます。
かなり編集されているらしいんだけど、どの辺が切られちゃってんのかなあ。
何べんも(リアルに何べんも)見てるくせに、いつもと同じようにひろしの回想で泣くんだろうな、私は。

一ヶ月くらい前にここに書いた『柳橋物語』と同じ文庫に収録されている『むかしも今も』を今日読み終えて(これまた号泣)、山本周五郎の描くプラトニックな恋愛感情のひたむきさ、愚直さに感銘を受け過ぎてしまい、ますますプラトニック志向になってしまいそうです。

奥野健男氏の解説も読みましたが、『柳橋物語』を読む過程(辛くてなかなか読みすすめられない)とか、出てくる人がみんな「性善」だ、とか、ほとんど共感できるような内容でした。短くまとめていらっしゃるし、作品解説としてもよい読み物でした。
この解説が書かれたのが昭和39年。
いまから45年前に同じ作品を読んだ人(奥野健男さんは私の約60歳年上)と似た感想が持てるような作品を書いた山本周五郎はやはりすごいし、私自身も昭和の感覚を地続きで持つ人間なのだな、と感じました。

私より20歳年下の人がこの作品を読んだときに似たような感想を抱くかどうかってのは、かなり微妙なラインだと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

薬味も辛め [【日常】]

朝から、なんともいえないお腹の痛み。
前とも後ろともつかぬ。
原因がいまいち分からないながらも、放置。
一日過ごす。お昼、辛目のカレー食べる。

さっき。
お尻が焼け付いてもんどりうってしまいました。
「たすけて!オロナイン的な優しいものを塗らせて!」
はー。辛いモンなんて喰うんじゃなかったよ。
地主になったらどうしよう。

お腹の痛みはまだ残っていて、原因は地主関連じゃなかった模様。
なんだろ。こわいな。
あ、もしや、昨日の昼に食べたとんかつが胃的に脂っこすぎたのか…!?
それとも一昨日の昼に食べた激辛ラーメンが腹で異常反応を…!?
辛いものでサンドしたがために激辛とんかつに…!?
何はともあれ、横になって安静にしてましょう。

明日は詩人の会だー。
会社を早めに出て、浅草ぶらぶらして、向かいます。
お久しぶりな詩人の会だから楽しみ。
「恋文」ってことはやっぱり恋愛に関する詩を読むのかな?
誰かに宛てたものだったりしたら、見ながら「ムッハー!」とか鼻息荒くなっちゃうかも。
小ッ恥ずかしさと、たまらなさで。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

軽いダンベル [【日常】]

仕事中になんとなくこんなの見つけて、つい読んでしまいました。
当時は話題になったそうで。知らなんだ。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114818296

この質問者に対して否定的な意見を述べている人の多くが、けんか腰かつ悪口(わるくち、というより、あっこう)で、「自分と相容れない意見を持つからって人格否定するほどの言葉をネット上で吐くような人に、『ありがとう』なんていわれても微塵も嬉しかないな」と思ったり。

「ありがとう、って云うのが当たり前」派の人たちの怖いところは、

・「ありがとう」って云わなきゃ人としてダメ
・挨拶も出来ない国になったのか
・無意識に出ちゃいます

とか、そういうことを主張しているところ。
この質問者は「礼として表す態度をTPOを弁えて選んでほしい」というようなことを云いたいんじゃないかしら、なんて私は思ったので、「なんとなくわかるなあ」と思いました。本人が実際どう考えてるのかは知らないけれど。

「人としてダメ」派は、文章の意味も考えずにすぐに人格否定しちゃうので、どうかと。
「挨拶も~」とか、「海外では~」とかも、いまいち文章読めてないので、どうかと。

一番怖いのは「無意識」派で、無意識ってことは、そこに自分自身の「礼」の気持ちがあるかないかは問題じゃないわけですね。条件反射的に出ちゃってるわけで、その「ありがとう」に意味なんかほとんど無いわけです。
でも「ありがとう」って、意味無くつかっていいような言葉じゃないと私は思うのです。
「ありがとう」って素直にいえなくても、言葉を選んで話してくれる人のほうがいい。

で、ここで問題なのが店員と客のあいだでの客からの「ありがとう」。

私自身が、店員の立場のとき。
一応、苦手ながら接客業してた経験があるので、店員目線でも考える。
店員である以上は、たとえどんな人でもお店に一歩入った瞬間から「お客様」ですから、たとえば何かをしたときに「ありがとう」て云われても、「この人何様!?大嫌い!」なんて思ったりしません。心の中で「どういたしまして」と思う程度です。
精神的にフラットな場合を想定しているので、その前にちょっとイライラしてたりしたら、「癒されます、そのお言葉!」と思ったり「え、当たり前ですけど」と思ったりするかもしれませんが。

私自身が客の立場のとき。
店員は、客のことを「お客様」と思わなくてはいけません。
でも、客自身は自分のことを「お客様」と思ってはいけないと思っています。
あくまで、客と店員という立場なだけであって、人としては上でも下でもありませんから。
なので、「ありがとう」ではなく「ありがとうございます」だし、「ごちそうさま」ではなく「ごちそうさまでした」と云います。それが、他人が人対人として接するときの、マナーだと思っているので。
店員が明らかに高校生だろうと、お金をもらって働いている以上、大人です。面識の有無に関わらず、大して親しくもない大人同士が会話するにあたってタメ口きくなんて、どういう了見か、と。
「ありがと」って、お前は美空ひばりか!と。
小学校低学年くらいまでと、お年寄りは「ありがとう」のみでも可。

私自身、そういう考えを持ってはいますが、うちの母上は宅配便の人とか店員さんとかにすぐ「ありがと~」、「ごちそうさま~」て云っちゃいます。それに対して私は「んもー!」と思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感