So-net無料ブログ作成
検索選択

お目当て [【漫画・アニメ】]

本屋に行ったら2巻ずつ買うことにしている『狂四郎2030』。
いま手元には8巻まであるのだけど、11時くらいからなんとなく続きが読みたくなって、6巻から8巻まで一気に読んでしまいました。

続きを読みたい気持ちと、ちょっとずつにしておきたい気持ちがあって。でも面白い漫画の前では後者ってかなり無力。

まだ本調子ではないのだけど(超自業自得)、昨日観られなかった『モテない君の戦い』を、今日観てきちゃおうと思います。当日券で。で、そのついでに神保町の本屋に寄って、続きを買ってこようという魂胆。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

面長さも [【日常】]

うどんだったらある程度食べられるまでに回復!
母が豚肉の生姜焼きを作ってくれていましたが、それはさすがにまだ無理。

めざましどようびメガに、昨日結婚式を挙げたウィリアム王子とケイトさんの様子が映っているんですが、ウィリアム王子がだんだんマキシマムパーパーサム長澤に見えてきました。頭もそうだけど、鼻とか口元とかもなんか似てる気が。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

減退 [【日常】]

本当は今日は3本のライブに行く予定でしたが、昼頃更新して以降、急激にニンともカンともな具合で胃が弱り始めてもう出かけるのなんてままならなくなってしまい、ガッツリすっ飛ばして「ウンウン」うなりながら横になっておりました。

今日一日でまともに食べたの、素うどん1/3玉分くらい。それも、無理矢理薬を飲むためにえずきながら食べたみたいなところがあります。でも何か食べなきゃ!そして絶対に吐かない!というポリシーは貫き通す。

で、こんな時間に目が覚めて、意外と胃の調子が戻りつつあるので、空腹を感じているんだけど、ここで調子に乗っていろいろ食べたら明日苦しむことになりそうなので、とりあえず飲むゼリーみたいなのでしのいでいるところ。動いてないのにとんでもなく疲れた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

思慮時間 [【日常】]

帰ってくるの遅くて、ていうか早くて、13時に起きるつもりが喉の渇きで11時に目覚めて、それから二度寝できなくて、なんとなくMBP立ち上げて、自分が書いた過去の記事とかを読みあさって、ああ、なんでこれの閲覧数(ソネットブログ調べ)がやたら多いんだろう、とか考えたりしながら物思いに耽ってみたりしていました。いろんなことに対して、「そういう時期あったんだな」と思ったりして。LLR単独ライブ(きょうのできごと)のとか、それ単体で2000くらいの閲覧数があるんだけど、「なんで?」みたいな。一方で犬の心単独ライブ(ババ)が150くらいで、それはそれで「なんで?」とも思う。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

名は体 [【ライヴ】]

創作志向の第一回へ。
はじめは、3月に予定していた第一回でしたが、地震で流れて今日になりました。
3月のときは、じゃがいもエロスと被っていたため「あー、観に行きたいけどダメだわ…」と諦めてましたが、今回は都合がついたので、喜び勇みつつもこっそり観に行きました。

はいじぃ
光一の代わりに歌う。
新ネタだそうです。ちょっとでも間違えたらすぐに狂うネタだなあ。それは、はいじぃのネタに共通しているかもしれませんが。VTRに全部合わせるから。

レイザーラモンRG
マイケル茶クソンと、マイケルG(ジャイアンツ)クソン。
MJネタは、テレビだと権利とかもろもろでなかなかできないんだそうです。だからレア、と云っていたけど、そもそもライブでしかRGを観てない私にとってはおなじみのネタと云えるのであった。

HEY!たくちゃん
モノマネ48ヶ国マップ。
今年前半にやってたHEY!たくちゃんの持ちネタをちょっとずつ紹介。ベースは尾木ママ。似ていようがいなかろうが、やる心意気こそが大事だと学んだ気がします。

キャプテン渡辺
サムだよ!生サムが観られて嬉しかったです。
生ハムみたいな語感になっちゃったな、生サム。緑のヅラがメロン?
ネタは本人もテッパン持ってきたと云ってたように面白かったですが、ネタ以外の場面では「細いし引き締まっているように見えるけど、腕とか太ももは意外とプルプルしている」とか「腹のくびれ具合すごい」とか、そんなところにばかり目がいってしまいました…。

TAIGA
80'sトレンディドラマの再現。
今年のR-1で2回観たなあ、このネタ好きだけど、とか思っていたら…。

井上マー
感動的に言葉を云う、ネタ。
まさに、これも今年のR-1で2回観たのだった!そして井上マーのこのネタはR-1以外でも観たことがあるのだった!そう思っていたのは私だけではないことが後に明らかに。

マキタスポーツ
ギター漫談。
今年は、脱帽子をテーマにしてみているらしい。
ネタを観たことあると云えばこの人のもそうで、完全に初見だったネタははいじぃの新ネタだけでした。HEY!たくちゃんはモノマネだから、ちょっと観たことある、なんて云ってたらほとんどのネタがそうなっちゃう。

エンディングトークというか、1時間弱の反省会。
今回始まったばかりのイベントなので、まだまだ探り探りの状態。ネタは新ネタ縛りにするか、とか、好きなネタと挑戦的なネタの2本やったらどうか、とか、そんな感じのことを模索してました。
本当の新ネタをポイッと試してみるライブになったらいいなあ。その後化けるようなネタでも、二度と日の目を見ないようなネタでもどっちでもいいから。そういうネタが世に出る瞬間に立ち会いたい、みたいな欲求があります。

で、前述の井上マーのネタの件。
今回は別に新ネタ縛りというわけではなかったそうですが、主催の井上マーが「創作志向」とかギュイギュイにストイックな名前を冠しておきながら、ガッチガチのありネタを、マキタスポーツに「(前観たときと)ブレスまでいっしょ」と表現されるほどにベストコンディションで放り込んできたのでした。
そんなこんなで責め立てられ、最終的に新ネタを少しやらされるはめになった井上マー。「荻原」が助けてくれた!

次回も荻原は井上マーを助けてくれるんでしょうか。新ネタを観たい気持ちと、今回のネタであってほしい気持ちとがせめぎあう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

通じゃないけど [【モブ】]

Bコースハブの通ぶる美術館3

-----
エプロンを通ぶる
「ロンエプ」を更に転じて「エロプン」っていうよね
-----

を読んで、先日コンビニで「くんたま」という製品名の薫製玉子をみて「まんたく」と読んだのを思い出しました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

アイスほしい [【モブ】]

サーティワン食べたい。
明日食べよう。

父親にLANケーブルを奪われてしまいましたので、ネットワークに繋がない状態で今日のライブの感想だけ書いておきました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

208.たいよう [【神保町花月】]

初日に見て参りました。
ウエストサイドストーリーみたいな感じ。
たしか、ウエストサイドストーリーってこんなんだったと思う。

私が見たのは、嵐の大ちゃん・翔ちゃん・潤くんの三人が出てるやつで、斗真も出てたっけかな。青山劇場でやってました。途中で大ちゃんが死んじゃって、翔ちゃんが主役だったと思う。で、翔ちゃんが敵陣のリーダー(が、潤くんだったと思う)の妹に惚れちゃって…という、アメリカ版ロミジュリみたいなお話です。

こちら、『たいよう』は、「山手(ヤマテ)」と「西区(ニシク)」に分かれた地域の話で、山手には富裕層が、西区には貧民層(というか、中流階級よりちょい貧乏ていう程度)が暮らしています。基本的に山手の人間は西区の人間をバカにしている感じ。
そこで、西区の貧乏な工場の息子と、山手のお嬢様が出会って…というお話。

レイザーラモン班ていうより、ブロードキャスト班でした。
最後の場面で、HG演じるリキヤが「すまなかった…」て一言漏らすのが、ちょっと違和感ありました。あそこは、言葉なくただ泣いてしまう方が反省が嘘くさくならない気がする。

ブロードキャスト房野
マキオ
西区に住む高校生。小学校のときに山手の女の子にこっぴどくふられる。
房野の憎たらしい演技が本当に憎たらしい!父親に反目するあたりとか、「自分で稼いでもないくせに…!!」とプリプリしてしまいました。自分がすっかり大人側の目線であることに気づく。

ブロードキャスト吉村
ジュンペイ
西区に住むマキオの友人。女の子の趣味が多少特異。
ブロキャス二人のアツい場面がよかった。

イシバシハザマ石橋
タクミ
西区に住むマキオの友人。滅多なことでは怒らない。
高校生姿に違和感ありまくり。仕方ない。シルエットというより肌がね。

レイザーラモンHG
リキヤ
山手に住む高校生のボス的存在。
父親が大会社の社長であることを笠に着て、傍若無人に振る舞う。
HGの制服姿は意外と自然。

レイザーラモンRG
マサル
山手に住む高校生。リキヤの舎弟その1。
RGの三下感、半端ない。たまに、ただのいやなやつに見える。
カワウソが見られて満足です。今度、とくことかにも同じ衣装を着せて、和歌子と山田でコラボしたカワウソコントとかやったらいいんじゃないかと思います。

イシバシハザマ硲
テツ
山手に住む高校生。リキヤの舎弟その2。
ちょっとおバカさんな硲の感じがよく出た役でした。

永作あいり
ミオ
山手に住む女子高生。リキヤの許嫁だが、マキオを好きになる。
おっぱい!おっぱい!
神保町花月に出演してるグラビアアイドルの中でも、かなり好き。芝居に普通にとけ込んでいらっしゃるので。あとおっぱい。

ボーイフレンド宮川
マキオの父
おとうさーん!過労死しちゃいました。
親孝行したいときには親はなし。

ボーイフレンド黒沼
中嶋
マキオの父の工場で働く男。工場が好き。

少年感覚
マキオの小学校の同級生・他
二人とも足細いな〜。短パン姿でした。
たぶん、山手の子の設定だったのかな?

西日暮里倶楽部
山手の女子・ジュンペイの彼女
二人とも年齢不詳な女性コンビ。みんな別に脇は好きじゃないと思う(笑)。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金曜のおは! [【モブ】]

ハイキングウォーキング松田の相手って、安藤聖ちゃんだったのか!
びっくりした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

未就学児 [【ライヴ】]

二日連続で浅草。
昨日は雨でしたが、今日はいいお天気。半袖になっちゃった人も多い陽気だったので、浅草のにぎわいが昨日とは段違いでした。

そんな中見てきたのは、「チーモンチョーチュウ白井と子供の頃からの写真を見よう」という、私のために企画されたのでは!というようなライブ。こんなこと思ってる白井好きが、昨日のダジャレ世界一決定戦に向かったプレミア会員50人を大幅にしのぐ人数存在しています。

白井と一緒に写真を見るのは、マキシマムパーパーサム長澤。長澤自身も生まれてから今までの写真を持参してきていて、白井と交互に写真を披露していく60分でした。
で、60分で見ることができたのが、6歳までの白井と長澤。長澤がいつどのタイミングで禿げていったのかも、白井がいつどのタイミングでモテ期(兼、女子にイジられ期)に入ったのかも、見られずじまい!!ぜひ!ぜひ2回目を!来週にでも…!!!

うまれたての白井はすっごいおデブさんでした。お母さんがミルクをたくさんあげたから、どんどんムチムチになっていったとのこと。おデブさん時代は2,3歳ごろまで続きます。1歳のときの写真では、着ているベビー服の前ボタンがパッツパツ。
私、成人は太った人よりは痩せた人の方が好きなんですけど、子供(特に幼児)はある程度ムチムチしてたほうが「うへへへ。太ももとか二の腕触らしてくれや…」という具合で好きです。スリムな子供は、つまらん!白ブリーフで、短パン履いてる場合はスリムな子のほうがいいですけど、それは特別です。
そんなわけなので、ムチムチ鉄也にぎゅんぎゅん。一枚目の0歳児のころの写真は、フルヌードでした。自身の0歳の頃のおちんちんをズームして、大写しにする鉄也(29)。
2歳のときの写真だという、幼なじみの女の子と一緒に写っていた赤い洋服を着た写真の鉄也が、「お!面影!」という感じでした。髪型がマッシュぽいからそう見えただけかも。
5歳くらいから、だんだん出来上がってくるしスリムになってくる鉄也。幼稚園のお遊戯会の写真は、あまりの「てつや」ぶりに「て!てちゅ!ちゅ!や!てちゅや!や!」と、ムハムハ。わき上がる興奮を我慢するのに精一杯。次回がある場合は、拘束着を持参して向かった方がいいような気がしています。
最後は、6歳(7歳だったかな?)のころのフルヌード写真。海辺。自分で「チンコなげー!」とか云ってケラケラ笑う白井。「いまより(比率的に)なげー」とか「指よりなげー」とか、そう云ってはケラケラ。

マキシマムパーパーサム長澤は、0歳から6歳まで概ねかわいい、という具合。ほとんどのお客さんが白井を目当てに見に来たのだろうに、白井の写真ではほとんど「かわいい〜」みたいな声が漏れなかったのに対して、長澤の写真では何度も「かわいい〜」がそこここから漏れていました。
だからこそ!ハゲの遷移が見たかった。

時折画面上に突如現れる、「去年のツアーで撮った」と云って白井が取り出した長澤の写真。去年の写真なので、もちろんハゲとります。その写真と3歳くらいの長澤の写真の並びに、時の流れを切々と感じ入りました。ああ。確実に時は刻まれている。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

だれじゃ [【ライヴ】]

雨の中浅草へ行って参りました。

売っているタイツなんかに、だいたい「○デニール」とか書いてあったりしますね。それを見ながら心の中で「ロバート・デニール」とか、こっそり考えてしまいます。わざわざ「ダジャレ考えよう!」なんて微塵も思っていませんが、もう思考回路がそうなってしまっている。

そんな私がこのイベントを見逃す訳がない!
というわけで、ダジャレ世界一決定戦でした。

とにかく、ダジャレだらけの90分。
ダジャレと云っても種類は多様で、オープニングでMCのポテト少年団菊地さんが云っていたのをいくつか引用すると、

・スタンダードダジャレ
「私、スキーが好き」と、ダジャレを云ったつもりはないのになんだか自然とダジャレっぽくなってしまうことも多々あるタイプのダジャレ。

・ちょっと変形ダジャレ
「布団がふっとんだ」に代表される促音便や撥音便、もしくは助詞等の一文字をプラスすることで別の語に変えることで生まれるダジャレ。

英語組み合わせダジャレ
「耳にイヤー(ear)な感触が残る」(例文違うかも)のように、日本語を英語化した際の読みを利用するダジャレ。

などなど。これで論文書いてる国語学者もいるくらいなので、マジメに体系化したらとんでもないことになります。ちょっと出しただけでもこんな具合なので、研究しがいはありそう。

お客さんはプレミア会員(何の?/笑)で選ばれた50名の精鋭。
その少なさに出演者もビビりつつのスタート。まずは、芸歴の若い順に自己紹介。もちろん、ダジャレを交えて。

ライス田所
LLR福田
アームストロング栗山
ロシアンモンキー川口
ロシアンモンキー中須
すずらん山本
とっしー(フルーツおじさん
チャド・マレーン チャド
POISON GIRL BAND吉田
ガリットチュウ熊谷
Bコースハブ
ニブンノゴ!大川

ここ最近こういうコーナーライブに行く機会がめっきり減っておりますが、若手のイベントにしては芸歴高めだった模様。すっかり13期生以下あたりにはついていけていないので、個人的には安心感のあるメンツです。

自己紹介で30分近く使ったあと、テーマ別ダジャレのコーナーへ。
これも30分くらい。
「スポーツ」がテーマのときの「バレーボール選手が洗濯するのはアタック」に被せて「さっき耳打ちしたのバレーてる」とロシアンモンキー川口が云ったあとの、Bコースハブ「二人、中垣内(仲がいい)ね〜」はかなり秀逸な流れでした。それを「かわいーな俊一くんは」でなんとなく止める大川。
そこから、被せダジャレが流行しました。

続いては小道具を使ったダジャレ。
POISON GIRL BAND吉田が、中盤あたりでなんともキレイに収まるダジャレを披露しました。ポテ少菊地さんに「あ〜!このままエンディングを迎えたかった!」と云われるほど。それは覚えているのに、肝心のダジャレを覚えておりません。

最後は、ダジャレを感じる数分間。
いいムードと、いい感じの音楽の中で、エコーを効かせたマイクに向けてダジャレを放つ、という企画。
途中から大川が、洗面器を持って「この中に、ウィンナーが一万個…」や「この中に、新鮮なアワビが一万個…」と、もはやダジャレではなくて下ネタに走っていました。一番雰囲気に合ってはいた。

エンディング、いよいよ世界一を発表というところでMCの菊地さんが、このライブの噂をtwitterで聞きつけ、デッカチャンの口利きで普通に客席に混ざって見ていた末高斗夢を舞台上へ呼び込み。別に最後に出る予定だったというわけでもない風だったのに、メモまで取りながら鑑賞していたようです。この勉強熱心さ!!見習いたい。
本当に普通にきていたようで、菊地さんも途中で末高斗夢がいることに気づいたそうです。

ダジャレの若大将と云っても過言じゃない(と思う)末高斗夢に、世界一を決めてもらうことに。
「では…」とちょっと畏まって、「敢闘賞から」と意外な発言。世界一だけではなく、他の賞まで考えながら見ていた!メモ帳を繰りながら、LLR福田のダジャレを挙げておりました。
続いて、POISON GIRL BAND吉田がブルマを用いて云った「ブルーマウンテン」を技術賞に選んでいました。ちょっと吉田に交渉して、ブルマと車のハンドルを使った「ブルーマ運転」というダジャレでコラボしたい、と将来のビジョンまで掲げる末高斗夢。丁重に断る吉田。

そんな彼が選んだ世界一は、選ばれた本人も「え?これ?」と戸惑いを隠しきれなかった、ガリットチュウ熊谷の貧乏ダジャレ。
「このまえ帰省したとき、きせぃるしたんだ…て、ウッソー!ちゃっちゃちゃ、ちゃっちゃちゃー!」
というもの。
最後の「ちゃっちゃちゃ」の部分で、ティーバッグを手にもって「茶」をアピールするも、メロディーがいわゆる「テッテレー!」とは違ったメロディーかつリズムになっていて、その部分が笑いにつながってしまった作品が、末高斗夢の心をつかんでいました。着眼点が凡人とは違うんだなあ。

さっそくご本人もこのことを記事にしていました。自称は駄洒落プリンスなのね!
http://ameblo.jp/suetaka-tomu/

第2回が開催される折には、末高斗夢を名誉会長的ポジションとして迎える予定だそうです。そして、50人の精鋭である我々プレミア会員は、「1人につき4人の友達を連れてくること」という、お客さん少人数ライブにありがちな、ねずみ講的使命を課せられてしまいました。

けっこう巧いことも云えていたのに、だいたいのダジャレが微妙な空気を呼ぶチャド。ダジャレの国際化という壁がまだまだ残っております。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

興味のベクトルが [【日常】]

復帰するとか書いておきながら、まだ入ってない見ホーダイ。
昨日は結局Plastic Treeのニコ生をタイムシフトで、文字通り「じゅるじゅる」いいながら、画面に顔ついちゃうんじゃないか、くらいの勢いでかぶりつきで見てしまいました。太朗かわいすぎるんじゃないか。一時期「あら、やせた」と思ってたのに、ほっぺにちょっとお肉がついててかわいすぎじゃないか。38歳って嘘だろ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

発ワード [【日常】]

こちらのブログ、書いてあることには概ねフムフムと思って読みました。

Chikirinの日記 - 原発の名前は変えたらどうだろ
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20110417

必ずしも地名を付ける必要もないなら、どこの原発も「もんじゅ」みたいに、わけわからん名前にしておけばいいんですよね。

と、「わけわからん名前」なら風評被害も起きにくいだろうと予測してますが。

もし「もんじゅ」が今回級の事故を起こしたら(もんじゅが本気出しやがったら今回どころじゃないと思うけど、ていうか、実はもう起こってる?)、たぶん鮫肌文殊さんがおまんま食い上げになるか、改名を余儀なくされると思います。赤いプルトニウムもかえたことだし。
「三人よれば文殊の知恵」も、何か別の言葉になったりして。
おおもとの文殊菩薩もいい迷惑です。

もっと、何者でもないオリジナルな名前にした方がいいのでは。ファミコン時代のRPGのパスワードにヒントを得て、「ぬぺぺぺんけそち」みたいなの。「メモとらないと、覚えきれないよー」ていう。

(おそらく)大震災による津波の影響でタモンズ大波が『○○な話』の出演をカットされてしまった件を思い出しました。大波の場合は本名だから変えようがないぶん可哀想か。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

巨星は墜ちたのか [【日常】]

そんなわけでいまからタイムシフトでPlastic Treeのニコ生を見ようと思っておりますが、その前に。

現在、というかここ一年以上、よしもと見ホーダイは退会しておりまして、理由は「毎月入ってなくても、たまに入って見りゃいいや」とかそんな感じで抜けてみたら、その後結局なくてもよかった、みたいなところだったのですが、このたび復帰してみることにしてみました。
ブレーメンのライブが見たかったので。

こんなふうにコンビの解散に「うわっ」と思ったのはジャンピングニー以来だと思う。ハチキーズも結局解散したらしいけど、それはけっこうどうでもいいです。R−1で見て、別にピンでいいと思ったから。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラプ [【日常】]

お昼に竜太朗さんのtwitterみてたら、21時〜22時でニコ生する、とか書いてあったのだけど、今日は神保町花月で『たいよう』をみる予定だったので、「もおおお!」と地団駄踏みながら、ため息。
で、ニコ生のことなんかすっかり忘れて『たいよう』見て、帰宅。

「まだ20分ある!」

帰宅してすぐに脳みそに天のお告げが。
いそいでPC起動。MBPの起動の速さがありがたい!
で、サクサクつなぐ。アリーナ最前列(笑)。

ちょっとだけだけど見られてよかった。太朗に限らず、正さんもケンケンもかわいすぎた。アキラはかわいいとかじゃなくて、アキラでした。あー。アキラ。
アキラだけたぶん「かわいい」と思ったことないな。かわいいキャラじゃないしな。

で、タイムシフトも予約。明日にでもじっくり見よう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

はぁはぁ [【笑・劇】]

http://natalie.mu/owarai/gallery/show/news_id/48131/image_id/72894

写真に興奮しすぎて、「白井」も「てつや」も通り越して

「て、てちゅや!てちゅや!こめかみザリザリしたい!てちゅや!!」

と、取り乱してしまいました。
家に一人でよかった。

まあ、たぶん観ないですけどね。西島にあまり興味がないので…。
DVDが900円で出たら、中古で買うかも。
というか、てつやの出演シーンだけ1000円出すので売ってください。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年五割強 [【モブ】]

出社して仕事の準備もバッチリ。
しかし、直近差し迫った作業がないので、仕事帰りにちふれのコールドクリーム買おう、とかそんなことばかり考えています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

すごい速さで [【モブ】]

眠くなる。
春眠?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

207.花曇 [【神保町花月】]

笑いとシリアス部分のバランスが結構きわどい感じ。
きわどいってのは、悪い意味ではなくてどちらかというといい意味で。
シリアスまっただ中を超えて未だシリアス中みたいな場面で笑いをバーンと放り込んでくるゆったり感中村と、やはりいい芝居をするゆったり感江崎。
演出とか、使用する音楽次第ではもっといくらでもシリアスに持っていける話だな、という印象だったけど、それであんなに笑えるようにできてる、というのが、なんかすごいな、と思ったのでした。

今日(千秋楽で)初めて見ました。他のお客さんは結構リピーターも多いみたいで、泣き所が集中しているように思いました。以前だったら多分私もいくつかの場面でうるっときてたと思うけど、神保町芝居(だけ)を数多くみてきてしまっているので、多少の「うるっと」場面には動じなくなってきてしまいました。
そんな私が今回うるっとしたのは、エリートヤンキー西島演じる幽霊を、江崎がかつての飼い犬であると気づく場面。本当にラスト直前。
かたつむり林と松崎さんの場面とか、江崎が「生きよう」と思う場面なんか、「うるっと」どころか「霞んで見えない」くらいのお客さんもいたんじゃないかと思いますが、そこは冷静でした。ペット嫌いなので、自分がどうしてあそこで「うるっと」してしまったのか本当によくわからないです。なんだろな。

年月の経過を「いろいろあって」という言葉に集約しているところが一番胸に迫った気もします。

ゆったり感江崎
サトル
主人公。10年前に家を出て、父親の葬儀にも義兄の葬儀にも出ず、義兄の三回忌にようやく故郷へ戻ってきた男。
霊媒師をやめてなった職業がヤクザというのがちょっと安易な気がします。安易というか、なんというか。設定だけみたら十分波瀾万丈なのだけど(笑)。ヤクザって、そんな簡単になれるものなの?コンビニバイトのほうが、なるの簡単でない?みたいな。
平易なアイテムとして使用される「ヤクザ」が苦手なので、過剰反応しているだけかしら。

松崎映子
カオリ
サトルの姉。3年前に夫をなくす。ミュージシャンになる夢が叶いそうなのだけど、その裏には何かありそう。家業である居酒屋を切り盛り中。
いままでの松崎さんの役のなかでも、けっこう庶民派というか、友達のちょっと美人な姉ちゃんていう感じで好きでした。へこたれないように見える人がへこたれる姿は、端から見ているとつらいのだが、だけどその人がへこたれないようにさせるのと、へこたれさせてあげるのと、どっちが優しいのかというと後者なのかもしれない。

かたつむり林
マサオ
サトルの友人で、カオリの夫。3年前に病死。曲作りが得意。自信の三回忌に来たサトルの前に姿を現す。
またもズルい役でした。林がやると、くだらない役も今回みたいな役も、どこかいい感じに見えるのがズルい。

インポッシブル井元
サトルとマサオの友人。高校時代に一緒にバンドを組んでいた。
あー、役名忘れた。式守伊之助は覚えているのに…。

インポッシブル蛭川
森野
そして、蛭川の方の役名は覚えている、という。木村庄之助。というか、肝臓の悪いゴリラ。

ゆったり感中村
ゴンゾウ
おじさん幽霊。実は、サトルとカオリの父親の幽霊。本名はショウゾウ。
無表情で小走ってるだけでなんか面白い。

エリートヤンキー西島
ボウヨミ
棒読みで木偶の坊ちっくな幽霊。実は、飼い犬だったベスの幽霊。
…なんか太った?

エリートヤンキー橘
マイケル
カオリにミュージシャン話を持ちかける男。
日替わりの歌が案外いい歌、との評判。

マヂカルラブリー野田
佐々木
カオリにミュージシャン話を持ちかける男のマネージャーで、カオリに好意を寄せる。というのは仮の姿。
スーツ姿の野田くんがなんだか新鮮。

マヂカルラブリー村上
浅川
「相撲取りだったのでは」という疑惑のある、カオリの居酒屋に勤めるバイト。
実は、かつて「浅の川」という名前で力士をしていたという裏設定が。

サキザキ川崎
サキザキ山崎
佐々木の手下ヤクザA・B
出番は一瞬だけど、ちゃんとバックボーンを固めてきていました。1年目の芸人さんだそうです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人気に嫉妬 [【ライヴ】]

大阪の公演も終わったみたいなんで、先週日曜日にみてきた卯月のことでも。
バッファロー吾郎主催で、イケメンだらけとのタイトル。出演者はバッファロー吾郎、カリカ家城、カラテカ矢部、ガリットチュウ福島、ソラシド本坊、アホマイルド クニ、マキシマムパーパーサム長澤、トレンディエンジェル斉藤、インポッシブル蛭川という、お世辞だったらイケメンと…いやいや…イケメンっていうかええと…と、言葉に詰まってしまうような面々。いったいどんなイベントなのかと向かってみました。

「VS卯月」という番組収録の体で進行する2時間。
ADというか裏の進行役として、浅越ゴエ登場。声だし練習とかする。ここにきてようやく、開場時にロビーでうっていた一本200円のうちわの存在理由がわかりました。なるほど!
卯月は、いまをときめいている(らしい)、ちょっと世間知らずなイケメン集団。10人組で、その中でもそれぞれV6のカミセン/トニセンみたいに、5人ずつのチームに分かれています。

[KOE](ケーオーイーと読む)
タッケー
ヤッシー
フックン
ソラ坊
ひるしん(一番人気)

[H.AGE](エイチ・エイジと読む)
キムアキ
タロちゃん
ニック(バスケット好きのクリスチャン
サム(ロシアとアメリカのハーフ)
リアル(嘘をついたことがないから。決して、リアルなハゲかたをしているからではない)

うちわには「竹若」とか「家城」とか書いてあるのに、基本、ニックネームでしか呼び合わない彼ら。もしや、本名は御法度なのでは…。

ゲストは麒麟川島。
もう、「VS卯月」の収録がどうの、ではなく、川島を変な設定でいたぶる2時間でありました。やー。面白かった。2時間かけたノリツッコミライブといっても過言じゃないこのライブ。ゲストのツッコミ力如何でいろんな方面に転がりそう。

収録中は、AD浅越さんが客席に向けて出すカンペに従って、声援などを存分に投げかけます。普通に、各メンバーの名前を呼んだり、誰かが川島にツッコまれたら「かわいそうー」とか云ったり。お客さん参加型ライブはいろいろあるけど、お客さんがボケ側に総乗っかりするライブってのもなかなかないです。羞恥心を捨てて全力で乗っかってみると、最後のツッコミ総仕上げでゲラゲラ笑えて、ゲストに対するボケとしての共犯者感が味わえます。
今度あったらうちわも買っちゃおうかな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ツボ違い [【モブ】]

何年ぶりかにまともに全部見たオンエアバトルの結果を受けてオンエアバトル好きとの笑いの趣味の乖離を痛感中。どうしてこうなった。以前は概ね面白く見ていたのに。

囲碁将棋テレビ欄の一番最初に名前があったからオンエアなのかと思ったらオフエア。しかもあのネタで200KB台て!初めて見たわけでもないのにダイジェストだけで笑ってしまった。

キャプテン渡辺だけ録っておきました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

フォントの件で [【日常】]

見間違い発生。

「原口一博」が、「原ロー博」に見えた。

ミドルネームというよりは、バンドのスタッフが名字と名前の間に愛称を挟んだ形でスタッフクレジットに名前を載せるような感じのする、「原ロー博」。原博さん。たぶん、「ひろし」の「ろ」をとって「ロー」とか呼ばれてるんでしょうね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そして [【日常】]

ニューマシンから更新!
フォントに慣れませんが、これはそのうち慣れるでしょう。
英数/かな変換に手間取る。

とにかく、サクサクぶりに感動。ニコニコ動画で複数タブで動画のページを開いていたらすぐに「仮想メモリが足りない」とかそういう趣旨の文言が現れて、カクカクした動きの動画を見せられていたのが、もうたまらないくらいサックサク。再生ボタン押したらすぐにきれいな映像が流れる、とかそういうレベルで感動しているので、よくいままでのノートPCでプレミアム会員やってたな、みたいな。

現在、まさにラップトップで使ってます。太ももにのせて。底面の熱さは耐えられるレベル。ちょっと温めのカイロくらい。多分夏場は、保冷剤をタオルでくるんだものなんかを間に挟めば十分いけるんじゃないかしら。保冷剤で身体が冷えれば、エアコンいらずで一石二鳥?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これからこれから [【モブ】]

110415_233429.jpgって、YOUのコラムじゃないけれど。

いろいろ届いたのであわあわ中。
いまから開封しまっせ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

ぱらぱら [【漫画・アニメ】]

最近読んでよかった1巻とか読みきりの単行本。


亭主元気で犬がいい 1 (ビッグコミックス)

亭主元気で犬がいい 1 (ビッグコミックス)

  • 作者: 徳弘 正也
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2011/03/30
  • メディア: コミック



『ふぐマン』が終わって寂しかった私の元に、再び徳弘正也の漫画が!
次巻以降が気になるー。
すごく乱暴なくくりになってしまうけど、「人に対する風評被害」という面でかなりタイムリーな要素を持ってしまった作品だと勝手に思っています。こういう人とかこういう子供(にしか育てられない親)とかは、この作品を読んでも心を改めることが出来ない、というか、そもそも自分がかなり人倫に逸れたことを云っているということを理解出来ていないのではないだろうかと思う。
もうS英社には見限られてしまったのだろうか…。これが終わったらもう読めないんだろうか…。と不安になりつつ、文庫版『狂四郎2030』も買って貢献しようと思っております。


ひらけ駒!(1) (モーニングKC)

ひらけ駒!(1) (モーニングKC)

  • 作者: 南 Q太
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/03/23
  • メディア: コミック



南Q太の作品で、こういう感じのヤツは久しぶりというかほぼ初めてなんじゃないかと思う。女とか男とかセックスとかだんながどうとか、そういうのでないやつ。
宝が将棋の恩師であるヒロくんに偶然会った回でのお母さんの「角刈り」発言を読んで、ヒロくんが出てきたページを読み返して、風呂場で声を出して笑ってしまいました。
ちょっとずつストーリーは進んでるけど、一話読みきりの雰囲気もあって楽しい。


ミラーボール・フラッシング・マジック (Feelコミックス)

ミラーボール・フラッシング・マジック (Feelコミックス)

  • 作者: ヤマシタ トモコ
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2011/04/08
  • メディア: コミック



BL出身漫画家がよしながふみ以降評価されている、というか、BL書いてる漫画家は他もすごくいっぱいいるので、一般誌に進出した作家が「BL出身」ということを売りにされているだけのような気もします。
裸とか毛の描写それ自体もそうだけど、恋愛心理の描写に色気が有りそうで無いのが好き。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

偏り [【モブ】]

いまいちよく把握してませんが、本屋大賞って対象作品はラノベに限っているんですかね。
「本屋」大賞なんだから小説だけじゃなくて写真集とか漫画とか技術書とか…他のジャンルの本が受賞する年があってもいいと思うんだけど。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

カナリア単独ライブ~ババチビルハル~ [【ライヴ】]

昨秋の単独ライブは、チケットをとってはいたものの、当日激しく体調が悪くなってしまい、家で泥のように眠っておりました。今回は、「会社から出勤要請が来るかもしれない」というドキドキとともに鑑賞。もちろん、ライブ>仕事なのだ!ライブ中、携帯電話の電源は切ったのだ!

東京ダイナマイト松田によるカナリア国歌斉唱

漫才『だるまさんが転んだ』
やっぱりカナリアのネタの面白さはボンちゃんの頑張りにかかっている。

コント『』
タイトル忘却。エキストラ

コント『伝説の剣』
剣が抜けちゃった件。

ボンの一人コント
ドラキュラ伯爵。ドラキュラらしさを演出するため咥えていた上前歯のフィット感が足らず、終始フガフガした挙句、はずす破目に。

ボンの後輩の一人コント
こりゃめでてーな広大の、クレイジー健バンド。ハブの単独祭りのときと変わらぬクオリティの高さ。ブラッツじゃなくルミネでも、しかも先輩の単独ライブだし広大のこと知ってる人が何人いたか分からないけど、いい感じだったと思います。

ボンの先輩の一人コント
Bコースタケトの、一言日記朗読。
「今日一番心に響いた一言」というのを、今年の1月から日々、記しているのだそうです。お客さんから日にちを云ってもらって、その日の一言を云うスタイル
お客さんも空気読んだのか、3月11日以降の日付は云いませんでしたね。

安達の後輩の一人コント
セブンbyセブン玉城の、郷ひろみ。ものまねとしてまったく成立していないのだけど、一番笑ってしまった。バカな笑いに弱い。

安達の先輩の一人コント
麒麟田村の、フランケン(シュタイン博士が生み出した怪物)。
翌日、ライブで麒麟川島を見て、「麒麟は解散しても驚かない」と思った。お笑い芸人的に「ホームレス中学生」というネームバリュー(いまも健在なのでしょうか、これは)以外に田村と組んでる「これぞ!」みたいなメリットってなんだろう、というか。
ネタが突貫過ぎるのが丸見えだったのも、敗因の一つ。

安達の一人コント
三段オチフリップ芸。カナリアは二人ともフリップ好きですね。

コント『The Room for TETSUKO』
アバターの親戚みたいでしたね。ボンちゃん。映画『アバター』観てないけど、RGのコスプレからの想像。
基盤となったネタは安達のピンネタ「通訳」かな?

コント『約束』
安達がプロ野球選手という無理な役柄(笑)だったのだけど、ダボダボのジーパン姿がやけにツボでした。似合わん。

コント『昼下がりの情事』
テーマ曲とか作ったら、もっとよかったな。

おまけ
涼風蘭ちゃんが、ゴキゲンな歌を一曲歌ってくれました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

206.パーフェクト・ライフ #1 天命という名の災難 [【神保町花月】]

ポイズン主演というか、ポイズンとシソンヌ主演。
「かわいい阿部ちゃん」「阿部ちゃんにしか出来ない役」との前評判を聞きつけて向かったので、シソンヌじろうの役の恋人として「ソラちゃん」という存在が浮かび上がったとき、その役を演じているのが阿部ちゃんなのだと思ってしまいました。実際は大貫さん。

#1を観て、結局のところ完璧な人生って、何かね。
と思ったのでした。

POISON GIRL BAND
シソンヌ
御茶ノ水男子
あわよくば
タカダ・コーポレーション大貫さん
アロハ山貝
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

学べる [【モブ】]

いままでのあるあるの中で、あまりにもジャストなタイミングで同意した。
池上彰よりわかりやすくて端的。

-----
rgizubuchi 行かなきゃよかったってなりがち♪ RT @yoshikaiman: @rgizubuchi 今日飲み会がありました!!二次会で帰ったんですけど、二次会あるあるとかってありますか?
-----
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

鼻がきく [【日常】]

今日の昼ごろ、スカパー!チューナーに対してリモコンが効かないことに気づき、本体を操作してみてもウンともスンとも云わないので、どうしたものかと悩んでおりました。本体がけっこう熱を持っていたので、取り合えず電源のプラグを抜いて様子見。
で、先ほど。ネットで修復方法を探りながら、リセットボタンを押してみたりしたものの反応ナシ。そのままちょっと放置してまた修復方法を探していたら、ちょっと香ばしいにおいが。チューナーから…。
煙出とる!

急いでいろんなもの抜く。あー。カスタマーセンターに電話しなくては。
もう素人判断ではいかん、これは。
しかし、スカパーのチューナーの箱、どこやったかな…。レンタルなんだけど、これ。弁償させられたりするかな…。ああ。面倒。いっそ解約してやろうかしら。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。