So-net無料ブログ作成

こんな日 [【モブ】]

朝、嬉しかったのに、夜、けっこう思い悩んでいる。
自分が悩んでいる実体がよくわからない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

213.バルボラーチョの夜は続く [【神保町花月】]

200回記念公演ということで。
昨年末にやった『バルボラーチョの夜は更けて』の続編という形。

100回記念のときは、たしかそれまでにやった各公演の、出演者の集合写真がバーっと表示されてたと記憶してますが、今回は各公演のポスターでした。
あー。もう神保町花月がオープンして4年になるんだなあ。てか、4年も通いつめてるんだなあ。なんて、今回もしみじみしました。そして、ポスターを見ると、というかタイトルを見ると、どれがどんな話だったかだいたい思い出せます。まったく思い出せない話はないと思う。なんだかんだいって、忘れちゃうくらいつまらない公演ってない気がする。
本公演は197/200を見てました。うーむ。見過ぎ。

そんな具合なので、今回の公演は普段の公演っていうよりも遊び要素が多めな感じ。ストーリーはなんだかんだあってハッピーエンドです。それでいいです。

ちなみに、芝居中に何度かネタにされていた「酒を飲んだときに『腹を割ってない』と云われて泣いたパンサー向井」っていうのの元ネタ(エピソード)を知らないんですが、そういうことが実際あったの?実際あったかどうかは結構どうでもいいですが、「もしかして客の9割がパンサーファンなのか?」と思うほどの認知度(お客さんの反応)を誇ってました。9割は云い過ぎかもしれないけど7割くらいはパンサーファンだったと思います。

出演者は年末公演と一緒で、日替わりゲストあり。
私が見た回のゲストは犬の心でした。偶然!
他の日はしずるとかフルーツポンチとかはんにゃとかカナリアとか平成ノブシコブシとか、そういう面々なのに対しての、犬の心。
逆に当たりだと思ったり。
生瀬勝久をモノにし始めてきている押見が見られてよかった。

ちなみに千秋楽は見てないけどPOISON GIRL BANDでした。みたかったー。

楽器隊は、エンディングのときの枝村さんのトランぺッターぶりが特に素敵で印象深かったです。女子のトランペット吹き、いいなあ。トランペットは運指が覚えられないんだよな。トランペットは、ていうか金管楽器は。トロンボーンもだけど。
「ここ押したらこの音でます」ていうのが分かりやすい木管楽器経験者なので(フルートは吹き方でオクターブかえる必要あるけど)、金管楽器吹ける人うらやましい。マウスピースだけだったらいける!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

きらきら [【日常】]

『フィリップ、きみを愛してる!』を見終えました。面白かったー。
最後の方、「あれ?もしかしてコメディじゃない…?」て感じでしたが、ラスト1カットでコメディに戻りました。でも、ヒューマンかつラブストーリーでもあると思う。9.5割笑ったけど、0.5割くらい泣けてしまった。
実話が元になっているのね。

とにかく、フィリップ役のユアン・マクレガーが可愛い!
一番最初にスティーブンに抱かれたあと、二人で横になってる場面からもう可愛さうなぎ上り。
だからっていわゆるゲイっぽい雰囲気というわけでもなくて、「心優しい男子」ていう感じなのだけど、スティーブンに恋してる感じとか、スティーブンにかまってもらえなくて寂しい雰囲気だとか、スティーブンに嘘ばっかり吐かれて「絶対に許さない!」てなるところとか、各場面でちょいちょい乙女!
瞳のうるうる感とかがもうたまらない。
見習わなくてはならないレベルでした。

フィリップを愛するスティーブン役のジム・キャリーも、コミカルな芝居はもちろんのこと、シリアス(っぽくみせる場面)でもすばらしい演技。完全に三枚目な部分と、格好よく見える場面との落差がすごいです。全然違う人みたいに見えます。

ちなみに字幕版で見ましたが、日本語吹き替えはスティーブンが藤原啓治で、フィリップがBL界の帝王・森川智之ということで、そっち方面に興味ある方は必聴かと思います。
モリモリが受けとか何それ…!最近はそういうBLCDあるのかな?すっかり疎くなってるからモリモリは基本的に攻めだと思っていました。ええと、6,7年くらい前の話。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モリス [【モブ】]

『フィリップ、きみを愛してる!』というコメディを見ているところ。
開始20分くらいで5回くらい声を出して笑ってしまってます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

サイ [【日常】]

手に触るかどうかで悩んでたりするレベルの人からしたら、いろいろ衝撃をうける話を聴いた、という具合。
なので、このトピで問題になってる女子とか「アバズレ…」と思ってしまう。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0506/407043.htm?o=0
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気まぐれ [【ライヴ】]

パーフェクト・ライフをみたあとは、初めての神保町テレビ吉田トーク。
毎回阿部ちゃんがゲストてのは知ってたけど、こういう形式だったとは。

吉田がMCで、毎回違う職業の人を迎えていろんな話をきく、というスタイル。
で、阿部ちゃんがいろんな職業の人に扮して、その職業にまつわる話をする、というもの。
今回の職業は漫画家でした。

まさかこんなに60分コントだと思ってなかったなー。面白かった。
今回はマキシマムパーパーサム長澤も職業側の人で出てましたが、普段は阿部ちゃん単体で出ている模様。長澤の存在で阿部ちゃんが面白くなる場面もあって楽しかったのだけど、ポイズン好きというか、このライブ好きな人にとっては、「二人のやりとり(阿部ちゃんに笑っちゃう吉田)が見たいのにー」と思う人もいるんじゃないかなーとチラッと思ったりして。

吉田とはそんなに仲良くないけど阿部ちゃんとは仲いい後輩とかを出した方が、阿部ちゃんがよりふざけると思うんで、笑う吉田をもっと見られるような気がします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今朝 [【日常】]

4時半なんかに目が覚めて、二度寝、三度寝をして6時過ぎにようやく起きました。まだ眠い。なぜならあの後一旦ブログを送信してぐわーと眠りについた数分後、数回メールとかしてたので。

起きてから、7月の神保町花月の先行販売に申し込む。たぶん、先行じゃなくてもチケットとれるし、先行じゃない方が劇場窓口発券(手数料0円)が出来るからいいのですけど、発売日当日にがんばるのが面倒な手間賃として、発券手数料は払っているようなもの。年会費もか。

一ヶ月くらい前に、リリーフランキーみたいなおじさん(たぶん美容師)に抱きかかえられつつサラリとおっぱいとか触られながら、バッサリ髪の毛を切られる、という夢を見たんですが、そのときは「別にショートにはしたくないんだけどな」とか思っておしまい。
今日は、なんだか知らないけどカリスマぽい美容師に早朝に施術をお願いしにいく、というもので、カリスマぽい美容師自身は夢には出ておらず、そのアシスタントみたいな人がカリスマぽい人に電話して「明日の朝、いいすか?」とかきいてる夢でした。
だから明日は、美容院に行ってこようと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最強の [【モブ】]

普段だったらいろいろ考えたり思い悩んだりするところを、すべて吹き飛ばす眠気。
これは、おやすみなさい、と誰かが云ってくれているにちがいないレベル。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

篭って発散 [【モブ】]

今日もオアシス、トイレの個室でちょっと休憩。

なんかよくわかんないけど身体の真ん中らへんからニヤニヤが溢れてます。
思う存分ニヤニヤしてから戻ろう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

212.パーフェクト・ライフ #2 運命という名の残酷 [【神保町花月】]

#3が気になる展開ではあったけど、ポイズンとかシソンヌのチョケ方が面白い、という感じ。ストーリーそのものよりも。

なんだろう。良くも悪くもキャラクターがステレオタイプなのかもしれない。ギャップがない、というか。人間は多面性を持ってこそという気がするので「この人にこんな一面が」みたいな部分が欲しいんだけど、それがないんですよね。あっても、それもステレオタイプなギャップな気がする。色眼鏡では見てないつもりだけど、私の中に○ヶ月連続ものフィルターがあるのかもしれない。
寿一の泣き方が気持ち悪い、とか、そういうのは面白いけど、それがキャラクターの魅力かというと微妙な感じで、シソンヌじろうの演じ方が魅力になってるだけなのかも、と思ったり。

#2 から登場のアロハVITA演じる寿一の妹が可愛かった。
てか、VITAが可愛い。お嬢さんな格好が似合う。
うちの会社にいるああいうキャラでああいう格好の女性は「取り扱いにくい人」認定されてたりして、みんな大人だから表立って出さないけどけっこう苦手意識を持ってたりするのでした。傍目には可愛いんだけど、実際接するとね、という感じ。

個人的に御茶ノ水男子は、おもしろ佐藤よりも、しいはしジャスタウェイのほうがどういう気持ちで見ていいか困ります。

POISON GIRL BAND
シソンヌ
御茶ノ水男子
タカダ・コーポレーション大貫さん
アロハ
あわよくば
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フンフン [【モブ】]

気合いの入れ方が、ナチュラルに高見盛っぽくなってしまった。

トイレの個室で。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

無責任時代 [【ライヴ】]

木曜の夜はひっさびさのプライムライブへ。
「前はけっこうプライムライブ行ってたのになんで行かなくなったんだっけ〜」とか思いつつ、帰宅時間が0時を過ぎたので「あ、だからだった」と思う。寝る時間が1時を過ぎるのが辛い、という理由でした。一番の理由は、よく見てたライブが違うのになっちゃった、てとこだけど。

で、見てきたのが平成ノブシコブシの『一発オチ!』というライブ。
今回で2回目だそうです。知らなんだ。
客席の埋まり具合は、プライムライブにしてはまあまあ、といったところ。

平成ノブシコブシの二人が、作家や芸人から出されたテーマに沿って、アドリブコントを行う、という趣旨。一本あたりの時間制限はないみたい。「これでオチだ!」と思ったら、コンビどっちかが舞台上にある赤いボタンを押して、コント終了。一旦ソデにはけて、次のテーマが出されるのを待ちます。

ゲストというかセコンドは5GAP秋本。上映会とかのRG VS ハブにおける、カラテカ入江みたいな感じ。

やったコントはじっくりだったり急ぎ足だったりテンポよかったりなんだりしながら60分間で10本。セコンド絶賛の、グランジ五明が出したテーマ「出会った瞬間に惹かれあい表情だけでセックスする男女」は、無声コントとしてよかったです。BGMの『魅せられて』も情熱の表現に一役も二役も買いまくり。

個人的に好きだったのは「徳井が動物園にいたら」みたいな感じの、佐久間一行が出したテーマ。徳井という動物でなしに、人間・徳井健太が動物園の檻の中にいる設定。このコントが好きなのは、たぶん、徳井好きだからだな。

ノブコブの力量をチラともガバとも垣間みることの出来るライブでした。次も観に行きたい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピタリ [【日常】]

しかし、ここからがスタート。

だいじょぶだいじょぶ〜。
と何故か頭の中でリフレインしてます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゆらゆら [【モブ】]

上野公園の遊具があるとこ、ブランコだけ4基もあって、謎。
ブランコデートしてる30代くらいのカップルがけっこう本気で漕いでて、萌える。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

しでかした [【日常】]

携帯電話でメールを打っていて、「う」の予測変換で「うんちが」と出てきて脱力。
先日のモブログ…。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

動揺で [【モブ】]

先ほど地震が起きましたね。
で、そんなときにこんなニュース。

米研究グループ「大地震の恐れ」 茨城沖、ひずみ蓄積か
http://www.asahi.com/science/update/0520/TKY201105190678.html

これの、

> 地下の断層のすべり量は一様ではなく
:
> 最も大きくすべった場所は

という記述を読んで、ペナルティ・ワッキーなどを筆頭とした「すべり芸人」が茨城沖に向かい、震源付近(海上)でギャグ等をやり、「プレートの代わりに大すべりしてやった!」というような企画を初期~中期(アポなしロケ中心のころ)の『電波少年』あたりならやったんじゃないだろうかという妄想が止まりません。
そして最終的には海上保安庁の巡回船とかに見つかって、「撮影やめなさい!」とか大目玉くらったりする流れ。

いまのご時勢的には非難轟々だろうな。でも見てみたい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

植え付け [【日常】]

最近立て続けにキスがどうのと書いたのは、完全に『青い花』6巻の影響です。
nice!(0)  コメント(0) 

それから [【漫画・アニメ】]

先日書いた、実は近所にあった素敵ブランドをちょっくら見て、悩みに悩んで数着買ってしまいました。今の時期に薄手とはいえジャケットとか買ってしまう。…秋に着るから!梅雨、寒いときあるし!

で、もう待ちに待ちかねて1巻から12巻まで2回読み返した『狂四郎2030』文庫版の13,14巻(完結)が今日発売だったのでこれも買ってかえりました。さっそく風呂で読む。

以下、ネタバレ含んでしまいます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バランス [【モブ】]

普通に目を開けて歩いていたはずなのに、いつの間にか目をつぶって壁に激突していました。角を曲がろうとしたら、まだ角じゃなかった。
一人で、トイレでよかった。

すさまじくキレのいいうんちが出たから、相殺。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

 [【モブ】]

何浮かれたこと云ってんだ、というボケにしたい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

ガチリ [【モブ】]

最近、変に浮かれていた天罰か、下唇の口の中側を思い切り噛んでしまう。
2回立て続けに。

口内炎にはならなそうだけど、赤黒くなって少し腫れています。

「いやー、いま口内炎あるからキスできないよ」

とか云ってみたい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

めでたく [【モブ】]

今週は昼飯節約夜飯自炊週間に決まりました。

今月散財しすぎ。
でも散財大好き。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

Qちゃん [【ライヴ】]

タモンズ安部と、『サンデージャポン』によく出ている東京スポーツの田才記者が似ているということに気づいてしまいました。すっげーどうでもいい。

昨日は浅草から神保町へ移動して、本屋でマンガ買って、とある思いを払拭すべく一人でカラオケ行って(いよいよ、ある店員さんに顔を覚えられたくさい…)、前から気になってたカフェに初めて行って、そこでさっき買った『青い花』6巻と今号の『エロティクスf』読んで、萌え散らかして、神保町花月へ向かいました。
もう、一人だけでもこれだけ充実した休みが過ごせてしまうのがいけないんだと思う、いろいろ。

カリカ家城会話ライブでした。今回のゲストは坂本美雨さん。

二人の出会いとか、震災直後の様子とか、いろいろおしゃべり。キーパーソンは李千鶴さん。
私も多分に漏れず、やっしーが追いつめられているのが好物です。

最後は、やっしーから美雨さんへ歌をリクエスト。
や「アーティストの方にいきなり『歌ってくれ』と云うのって失礼ですか?」
み「いや、失礼じゃないです」
や「じゃあ歌ってもらえます?」
というやりとりで。

美雨さんがアカペラで『星に願いを』("When You Wish Upon a Star")を歌って、やっしーがホワイトボードに絵を描くというコラボ。ちなみにやっしーに絵心があるわけではなく、美雨さんの「じゃあ私が歌ってるときにちょっとライブペインティングやってみて」との言葉から決まったものです。
ご本人は「声が震えた」と云ってましたが、いやー。きれいな歌声だったなあ。生で聴けて嬉しかったです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

呼び出した感 [【ライヴ】]

昨日の山手線実況を見てもらえれば分かると思いますが、カリカトークには行かず。
ここ何ヶ月行ってないんだろう、てくらい行ってないなあ。
1月の以降、チケットも取ってないや。

毎月行ってるころは「なんで行かなくなる人が出てくるんだろう」と宗教信者の非信者に対する感想みたいなものを思ったりしてましたが、行かなくなる理由は嫌いになるとか忙しくなるじゃなくて、なんとなくなんですね。私の場合は、年齢と運動不足による体力的なものもあるけど、土曜日のオールナイトだったら調整可能なわけだし。やっぱり、なんとなく機を逸してしまっているというだけ。

それから明けての今日。カリカをそれぞれ別のライブで見る日でした。

まずは林。
浅草花月にて「遠山と関町を呼び出す」というイベントでした。
呼び出すのは、カリカ林とポテト少年団菊地。MCというより「呼び出した人」。
呼び出して何をするかというと…ええと…呼び出した二人が呼び出された二人の「よくない」とされる噂の真相を質して正しい道(倫?)に導いていく、というような趣旨。
お客さんは、オーディションで選ばれたかのごとく、遠山と関町のコスり笑いには過剰に反応せず。私もコスり笑いは嫌い。

最初に呼び出されたのはライス関町。
林は、このライブがあるのでカリカトークではあまり関町をいじらないようにした、とのこと。

関町の噂は以下。
1. お母さんをいまだにママと呼んでいる
2. 自分で買った服を「お客さんからもらった」と云う
3. 皇帝ペンギンのクォーターらしい

1. に関しては「呼んでいない」とのこと。けっこう必死に弁護する関町。ただ「ママと呼ぶことが恥ずかしいとはいってないけど?」と林に返され、言葉をなくす。
ちなみに我が家では母のことを「ママ」と呼んでいるので、「別にママでいいじゃん」と普通に思ってしまいました。だって、ママはママ。
2. も、別にそんなことはない、と。ただ、お客さんからいただいた服に合わせて笑いが取れそうな服を自分で買ったりはしている、とのこと。
3. の真相はみんなの心の中に。結婚式とかの家族の集合写真にペンギンがちらほら、のくだりの、「背が小さいから前の方に並ばされる」が秀逸だったなあ。いま想像しても笑える。

精神的ドS二人に追いつめられる関町、はぁはぁ。というより、追いつめられる関町をさらに追いつめる二人はぁはぁ。

続いて、グランジ遠山を呼び出す。
遠山の噂は以下。

1. 最近、変な余裕が出てきている
2. ファンの人の前であえてけだるい感じを出す
3. 漫画喫茶に行くというときは、ほぼ風俗に行っている

関町に比べて、いま思い返してみると遠山の方が噂がきつめな気がする!しかも、関町のがほとんど事実と違う形の噂だったのに対し、こちらはどちらかというと事実寄りな噂。
でも、ペンギンの話を一番よく覚えています。
「以前、遠山が呼んだデリヘル嬢が170cmの長身な女性で、顔がめちゃくちゃ関町に似ていた」という話から、やはりペンギンのくだりと結びつけてしまう呼び出した二人。

最後の15分は、タイトルとは別の、もう一つの問題を二人が検証。
「ガリバートンネル三須から出るホモ感をどうしたら止められるか」。

というわけで、三須登場。
登場して、本人が笑ってるだけで「もう肩からホモ感が出てる」との指摘。
長机を持たせても、バットを振らせても、ヘルメットを被らせても、にじみ出るホモ感。ちなみに、カリカ林にヘルメットを被せた場合の「現場主任感」は、三須のホモ感を凌駕しています。

こうなんべんも云われると、最終的には本当にホモ感が色身を以て見えてくるような気がするから不思議。自分の中でも「ああ、出てる出てる」とか思っちゃったりして。

結局、呼び出した二人を正しく導けたのかも分からないし、ホモ感をどうするかも決まらなかったけど、次回もあったらぜひ行きたい。あるとしたら、「馬感の出てしまう囲碁将棋太一」をどうにかする会になる可能性があるとのことです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

太さ [【モブ】]

今号のエロティクスf、『青い花』は、イシデ電がペン入れしたような線描。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

響き [【モブ】]

そしてまたもや山手線。

斜め前に座ってる女子が、けっこうやばい感じでぐったり。友達らしき女子がそれを写メに撮ってたりしてて、ぐったり女子以外は男女2:2でちょっといい感じ。

だからぐったりしちゃってんじゃないのか、この女子。

あ、でも男子二人がぐったり女子を送っていくみたい。それはそれで大丈夫なのか!?どういう関係性なのかよくわからない。

なんにせよ、別の世界の出来事だなあ。

そんなジロジロ観察している私は、今日はノンアルコールだし、ご飯もよく食べて、なかなかいい具合で帰路についているところ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

軋み [【モブ】]

いま乗ってる山手線、めっちゃキイキイいってます。
なんかやばいこと起きそうなくらい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

それが…でしょ [【日常】]

17時ごろ母上からメールがきて「こんな時間に珍しい…」とちょっとドキドキしながらトイレに行って確認したら、「上原美優が自殺だって!知ってた?」という内容で、全然よくない中身なのにほっとしてしまって罪悪感。
人が亡くなった話題だけど、我が家には関係ないことでした。
あと、知ってた。昼間、Googleニュースで見た。

しかもそれに書いてある「上原美優」が「上原美憂」になっていて、「憂いに人が寄り添うと優しさなんだな」とか考えさせられました。
ただそばにいるだけじゃなくて、憂いが優しさに転化するような寄り添い方をしてくれる人がそばにいたら、死のうという気も起こらなかったかもしれない、とか。人がそばにいても一つになれなかったらそれはただの「人」と「憂い」で「優しさ」じゃないのね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

味付け [【モブ】]

お昼、うどんを食べた後にグレープフルーツを食べていたら、フォークからツルッとグレープフルーツが落ちて、うどんの汁の中にボチャンと入ってしまいました。

すると、坦々味の汁の中から女神が現れ…
「あなたが落としたのはホワイト?それともルビー?」

などと聞かれるはずもなく、温かい汁(ごまみそたっぷり)からグレープフルーツを取り出して生温くなったそれを食べました。

意外とまずくない。案外イケる。

酢豚のパイナップルを許容できるようになった気がします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

マジ [【ライヴ】]

気が向いたときにだけ見る(だけ)のZOZO TOWNを見てて「あら素敵」と思った初めてみかけたブランドが、意外と近所に店を構えていることを知り、ちょっと衝動買いしてきてしまいそうです。Tシャツとか、今期既に何枚か買ってるのに欲しくなる。

月曜日、公演見てご飯食べた後は、犬の心本気ライブでした。
ネタと、ネタと、ネタと、トーク。

犬の心のネタ。
パリ。
「わー、本気だなあ」って思ったネタ。見終えたあとに満足感がありました。

キングオブコメディのネタ。
鳴き声採取。
今野扮するだめなおじさん(たぶん、奥歯か前歯が数本ないし、ある歯の隙間もスッカスカ)が「シーシー」云う、コントにおける前フリな部分でも、ニヤニヤしてしまいました。パーケンの舌足らずさが、ぎりぎりまで課題やれない中学生感出てていい。

犬の心のネタ。
イルカさんとアリさん。
賢ちゃんの年齢が9歳の設定の割には、序盤がアホすぎる気がする。

トーク。
池谷が、1,2ヶ月見ないうちにやけに太ったなあ、という印象でした。太ったというか、ふっくらしたというか。顔なんか、かなり丸かったと思う。キンコメの二人が比較的小顔だからよけいにそう思ったのかも。
とりあえず、キングオブコント用のライブなのだそうですが、もし今年のキングオブコントがない場合は、来年まで追いかけたり、番外編でR-1用のネタを作ってみたりする、らしいです。
人見知りと人見知りの話で、押見が「でも、一歩踏み出して合えばガッチリハマる」みたいなことを云いながら、両手の人差し指と中指のあいだの股と股をガチっとはめ込むジェスチャーをして、「あ、なんか卑猥な…」と云いかけたとき、高橋が「レズもののDVDみたいな」と分かりやすいけどよくないフォローをしていたのがなんとも。最近見たから思い出しちゃったらしい。

押見はニコニコキングオブコメディを見たかしら。どの回もおすすめ。

次回はラバーガールがゲスト。チケットは、取り損ねました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。