So-net無料ブログ作成
検索選択

笑い [【日常】]

最近見た映画

『龍三と七人の子分たち』
藤竜也の台詞の喋り方がたけしに思えて仕方ありませんが、そこは藤竜也が解釈した結果たけしになったのかそういう演出なのか。他のキャストに関してはそんなことはなかったんだけど。
ビートたけし的笑いの要素がつまりにつまっていて面白いです。中尾彬には何してもいいと思ってるんじゃないだろうか。
なんかのレビューで「たけしの笑いを面白く感じられないのは年齢のせいか」というような20代男性の意見を目にしましたが、年齢のせいではなく単純に感性の問題だと思います。笑いの面白さは年齢できまるものではない。

『愛の渦』
門脇麦を目当てに見はじめましたが、思いのほか喜劇(コメディというより、悲喜劇?)で夫婦二人でケラケラ笑いながら見終えてしまいました。
肌は触れ合うのにみんなかっちり最後までバリアというか不可侵領域があるのがなんとも。カルマはあってもエロスはないのでR-18指定もいらないような気がする。

『超高速!参勤交代』
これも全体的にコメディ。そして勧善懲悪。
とにかく西村雅彦が楽しいです。『古畑任三郎』の今泉が好きな人に勧めたい。
それにしてもフカキョンってあんなに芝居が下手だったっけ…。なに演っても喋り方というか声のトーンが一緒だから「いい部屋ネット」って感じ。

『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY』
わかる。総じてコメディなのはわかる。コマ送り多用しすぎてなんだかな、とは思うが。
嵐好きだったらご褒美作品として満足できるだろうことも分かる。
でも!!商業作品としてお金取ってる以上、『ピカ☆ンチ』『ピカ☆☆ンチ』くらいの"映画的面白み"を求めたいところだった。嵐ファンじゃない人とは絶対に見ない方がいい作品です。単純に映画としては面白みがないというか引きがないから。少なくとも『ピカ☆ンチ』『ピカ☆☆ンチ』にはファン目線じゃない映画としての面白みや話や展開としての引きがあった。
TSUTAYAでこの作品だけレンタル料がちょびっと高かったので面白くなかったことに対する文句が余計に多いです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。