So-net無料ブログ作成

自己主張2 [【日常】]

「加害者であることについて」書こうと思っていたけれど、よくまとまりません。
心の中をだだ漏れさせただけでまとまらない文章だから意味もよく分からないと思います。

どういうことが「まとも」とか「矯正」とかいうことになるのか人によるので微妙ですが、仮に、「私の正義」と「まともであること」が同義であった場合、私は自分が加害者であることに耐えられないのではないかな、と思います。これまた身勝手な話なのですが。
これに耐えて生きていかなくては行けないということは、死刑よりもよっぽど辛いのではないかと思うのです。私の思う「まとも」である場合の話。

それが罰を受けるということで、甘んじて受け入れましょう、というほど悟った人になったなら、「書きたい人」になってはいないように思うし、「矯正」=「悟りを開く」ではないのだろうから、そういう方向で矯正されたわけではないと思うのです。
あくまで社会生活を人並みに営むことの出来る精神性というか、そういうものを培ったんでしょうけれど。だとしたらますます、やっぱりそれでも生きたいと思うというのが生物学的なところなのかなんなのかちょっと不思議だなあ、と感じていて、だからといって「死ねばいい」とか思っているわけではなく…

というところで結局ぐるぐるめぐっています。

私は10代も半ばになれば物事の善悪なんてついていますから、少年法は無くせばいいと思っています。「昔ヤンチャしてた」とか若い頃の悪行を「ヤンチャ」という言葉で済ます人のケツに蹴り入れてやりたいと思うくらい。その内容が犯罪じゃなくてもヤンチャという言葉が醸し出すヤンキー感が嫌いなんですね。ヤンキーが嫌いだから。

何の話だ。ヤンキーが嫌いな話になってしまった。

加害者の心情を考えるということだと、さだまさしの『償い』を思い出すのですが、なんかそれとも違うんだよなあ。哀しい過ちというには酷すぎるし。哀しい過ちでさえ被害者は何をされても辛い。加害者が生きていても辛いし死んでいても辛さがまぎれるわけではない。
辛さが際立つだけだから、出版したいというまでに至った心情に関して理解を示すことは出来ても、やはり加害者であるのだから被害者遺族双方の了承無しに出版に踏み切ったのはどうなんでしょう、と思う。

了承があるだけで心証がだいぶ違いますよね。と心証を気にしてしまう辺りがやはり私自身が加害者であることに耐えられないだろうというところなのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自己主張1 [【日常】]

読んでいないけど思うこと。
加害者とも被害者とも同年代と云える年齢なのでちょっと思うところがあったので書く。

読みたくない訳ではなく、太田出版は好きなので太田出版にお金が入ることも別にいいし、被害者遺族の中でも意見が割れているらしいのでそこは私の意見すべき領域でもないのだけど、著者に入る印税がどういう形で遣われるつもりなのかな、というのがやはり少し気になって店頭では見かけるけどまだ手にも取っていません。

まず、書きたいとか自己表現をしたいという欲求について。

私はもはやこのブログを月に一回くらいしか更新してませんが、それでも公開したままにしていてそれくらいの頻度で更新しているのは、今回みたいに「あー。このことに就いて思ったことを文章にしたいなあ。そしてそれを世界のどこかの片隅に(真ん中はちょっとな…)置いておいて誰かの目に触れてその誰かが是なり非なり考えてくれたらいいなあ」というような気持ちがあるからです。
それが「家のノート」にとどめておかない理由で、それって別に異常なことではないと思っています。

「書きたい欲求」「書くことで表現したい欲求」がない人は「なんでブログとかやるんだろうね」と感じると思うんですが、他者に対して自分の意見や感想を述べたいというのとさして変わらないので、それが普段の生活で満たされている人はそういう欲求が出ないんじゃないかなあ、と思っています。
私の場合はお笑い友達とか、最初だとヴィジュアル系好きな友達がいないから普段の生活の中でそれを話題に出来る相手がいなかったのです。かといって友達に関しては普段の学校生活の友達で満足していたからわざわざそのための友達を普段の生活で増やそうとも思いませんでした。そのため、ネット上に感想や意見を公開する、という形で日記を始めてます。あと、中学生だったし(それが一番でかいのか?)。
いま、更新頻度が下がっているのは、生活が忙しいからではなく、普段の生活の中で話す内容だけである程度充足してしまっているからです。職場の人と夫としかほとんど話してないけど。生活環境も変わってあまりライブにも行かなくなりました。だからたまに映画を見たりライブに行ったり、テレビ見てて思うことがあったりすると、こうして文章を書きたくなるのです。更新頻度はそういう理由です。

私は直接反応がいただけたらなお嬉しいですが、記事を公開した時点である程度満足している部分もあります。だから長々と、ブログの前から考えたら15年以上も、ネット上に文章を公開するということをし続けているのです。

で、ここでようやく話を戻しますが、こんなふうにずらずら書いた私のような欲求が著者の中で肥大化していくのに理解を示せるので、「あー。表現したくなってしまったんだろうなあ」と思ったのです。多分、「矯正」されてしまったが故にこの欲求にも悩まされることになってしまったんじゃないかなあ。
普通、あれほどの事件を起こしていたら、死刑ですよね。大人だったら。
当時少年だったので、死刑にはならずに「矯正」までされて世界の片隅で過去のことも語れずひっそりと暮らさざるを得なくなってしまったことを考えると、この欲求が「出版」というところまで行き着いてしまっても致し方ないよなあ、と個人的には思うのです。自業自得とはいえ。私は「書きたい人」なので。
書きたい欲求という形で発露しただけまだましなのではないか、とも。

少年犯罪研究とか被害者遺族の心情をとかそういったことを慮らず、単純に書きたい欲求についてだけまずは考えました。

もう一つは「加害者であること」について、また別で書きます。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。