So-net無料ブログ作成
検索選択

育つ [【日常】]

結婚してから初めて自宅で年越しを過ごしているので、黒豆を炊いたり、たこを煮たり(味見のときに3回「うまい!」と云ってしまった。しかも一緒に煮た大根で)、レンコンを酢に漬けたり、と簡単なおせち料理だけ作ったりしています。他のは年明けて夫の実家に挨拶にいったらいろいろ持たせてもらえるので作らない(たぶん黒豆ももらうが黒豆すきなんで…)。大掃除は数日に分けてちょこちょこと。
今日も夫は仕事なので、お昼は作りません。あるもの適当に食べる。明日の朝食べるお雑煮の下ごしらえをちょっとして、そのあと天ぷら買ってきて夜は年越し蕎麦。今年の台所仕事はそれでおしまい。

今年7月に結婚・出産を発表し小明へのインタビューから、しQちゃんの吐きそうな日常の過去記事を読みあさっていました。
という書き出しの二つ前の記事の、脱線しちゃった方の話を以下にずらずらと。

アイドルが出産しちゃイケないキュウ? 子宮の正しい使い方を、小明と真剣に語るキュウ!【しQちゃんねる】
http://mess-y.com/archives/24121

インタビューも面白いし、小明と自分が同年齢ということもあっていろいろ思うところはあったんですが、とりあえず、2014年6月のソロ結婚式のときにはまだ妊娠していなかっただろう(少なくとも判明はしていなかっただろう)ということだけ、赤の他人ですが勝手に証言しておきます。納得できる「妊娠→結婚(入籍)」があるということが目から鱗でした。むしろ賢いとさえ思う。

-----
すぐ結婚をしようと思ったんだけど、やっぱり国際結婚って長い時間かかっちゃって。(中略)籍入れようってなったときに子ども欲しかったから。そこは待つのがタイムロスだなって思って。(中略)そうなんだよ。私、子宮も悪かったからさ。なんかその辺の時間を無駄にしたくなかったんだよね。
-----

超賢い。そして小明がすぐに妊娠出来たのはやっぱり妊娠の時期っていうのに多少運命的なものを感じてしまう。

私は、入籍後1年以上経ってから身体的に「妊娠していいよ」ということになった人間なので(そうしたのは結婚まで治療を先延ばしにしてた自分の所為)、職場のこととかもあるし、実際のところの年齢の話もあるし、まあタイミングとかいろいろ考えてしまうわけです。職場変わって1年以内に「妊娠しました休みます」はいかんだろ、とかね。ごちゃごちゃ考えるのですよ。
それで「妊娠していいよ」となって、夫も子どもをほしがっているのは分かっていたし、いざ、となってはみたものの、なかなかそれですぐに結果が出るかというとそういう訳でもなく、私の身体のバイオリズムとタイミングとがちゃんと重なり合わないと妊娠ってしないんだなー。というのを齢30にして実感して、最初の一ヶ月目は妊娠検査薬使って「真っ白」。二ヶ月目も「真っ白」。思いのほかこの「真っ白」が精神を消耗したのです。そしてやってくる生理

理詰めで考えがちな人間なので、もうこれ、私なんかまだまだお気楽な感じなのにこんなにショック受けちゃって、長年不妊治療している人の気持ち考えたら妊娠を切望しているのにこの真っ白の感じ(不妊治療だったら妊娠検査薬ではないのかな)ってもう絶望じゃない!?私、子宮に支配されるんじゃない!?いつが排卵日になるかを基礎体温からあぶり出してそこを狙い撃ちするなんて、もうそれ夫婦の愛の営みって感じじゃないじゃない!?完全に子づくりのためにしかしなくなるんじゃない!?

となってしまって、早くも心折れました。早すぎ。そんなときにお向かいのアパートにお子さん産まれてて、夫が出張で一人で過ごす土曜日に赤ちゃんの泣き声が聞こえてきて「私も泣きたい」と思ったり、会社の後輩が産休に入ったりなんかして、それに嫉妬するというよりも「果たして自分(自分たち夫婦)は妊娠できる人なのだろうか」とか、まだ数ヶ月しか経ってないのに考えはじめていたころに飲み会があって、そんなに飲んだわけでもないのに翌日ゲロゲロしてしまったのです。そこで、4ヶ月ぶり位で妊娠検査薬使ってみたら「真っ白」ではなく「超、超目を凝らしたら何か見えるかもしれない…」という状態。本来検査薬は生理予定日一週間後が使用目安だけれどその日は予定日前でした。気のせいかと思ってそのまま捨てる。

だけど、「真っ白」じゃないというのがはじめてなので、そわそわしながらその2日後にまた使ってみたら、「目を凝らしたらうっすら線があるように見えなくもない」という感じ。夫に見せて「もしかしたんじゃない?」とかいって、その2日後にドラッグストアに売ってる妊娠検査薬一種類ずつ買ってきて、そのうちの一本試す。一社じゃ信じられないのだ!
結果は目を凝らさなくても「うっすら線出てる」。
その3日後にもまた別の会社のやつで試して「濃いめの線出てる」になって、その3本がなかなか捨てられず、デジカメに収めて捨てるまで10日くらいを要しました。

そこから10日くらいネットでいろいろ調べて、近所でまあまあ評判のよさそうな産院に行きました。すぐに行かなかったのはすぐに行っても「もう一回きて」とか云われるらしい、というのをネットで見たので(ネット依存)。そこで正常に着床しているのが判明。
それから一週間弱くらいしてからつわりスタート。私は食べづわりのようで、お腹がすくとどうにもこうにも気持ち悪い。ただ、お腹がいっぱいでも気持ち悪いという難儀さで、お腹がすいては唸り、ご飯を食べて(ご飯を食べている最中はすっきりしていて何でも食べられる)、お腹がいっぱいになっては唸り、というのを程度の差こそ時期によってはあれど、2ヶ月ちょっとくらい体感しました。

気持ち悪いけど吐けないというのと、つわりで痩せたという体験談がネットのあちこちに転がっている中、つわりで既に4kg増というのでちょっとへこむ。吐きたいわけでも痩せたいわけでもないが、やはり太るというのはへこみます。結婚式にむけてダイエットした2年前以降、ある程度体重を維持し続けていただけに「あー、この数値久々に見るわー」と体重計と毎日にらめっこ。
ここ3週間くらいは「お腹がすいて気持ち悪い」状態は脱して、家でプレグナンシーヨガもやり出したおかげなのか、体重の増減はなし。超偉いと思ってたけど、それまでに増えてた(つっても一ヶ月で2kg)ので先日の健診では「お正月に余計なもの食べないようにね」とか助産師さんやお医者さんに云われて、内心「うっせー。妊婦はストレスがいけないとか云いながら体重管理とか云うストレスマックスみたいなもん課すんじゃねー」と反抗期の中学生女子みたいなことを思いながら半笑いで流す。いまのところ胎児は順調に育っているらしいし、太りすぎなきゃいいんでしょうよー。これからつわり中に衰えて脂肪になった部分をヨガでしなやかな筋肉に変えていくから体重なんか増えるよ!

そんなこんなで現在妊娠6ヶ月です。
本当に来年ちゃんと産まれてくるのかな?とか、無事産まれたとしても不安はつきないのですが、そんな先のことばっかり考えていても不安が募るだけなので、いまはとにかく人生にそう何度もあるわけではないであろう妊娠中の期間を日々一喜一憂しながら過ごしています。

みなさま、良いお年を。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

丸美屋のじゃないのりたま [【日常】]

年の瀬ですね。

25日に今年の仕事納めして、あーもう今年もあと一週間足らずかあ、と思いながら過ごしていた土曜の昼過ぎ、yahooニュースをスマホで見るのが趣味の夫が私に齎したニュースがまだまだ尾を引きずっています。だってそうだよ。毎日聴いてるんだもん。車で通勤する毎日の行き帰りにさー。第1回から第135回まで容量160GBのiPod classicに入れてて、なぜかこの間からiPod classicがiTunesと同期出来なくなっちゃったからそれ以降の回はnexus7に保存してんだよ。出張するときだってお供に連れてっていつだって聴いてたんだよ。ていうか事件が発覚してからも、やっぱり昨日もいつもどおりかけちゃって、聴き出したら特になんてことない気持ちで聴き続けられるんだよ。
見てないのは運転中だからです。

ニュースを聞いた瞬間は「嘘だね!冤罪だね!」と云ったものの、今度はガチらしく、しかも20年もってもはやそれは病気の域だと思う。ちゃんと罪を償うとともに専門家に治療してもらった方がいい。何が彼をそうさせたのかってニコキン通して程度でしか彼のエピソードを知らない私ですらいろいろ思い当たる節がありすぎてどれだか分かんないんだけど。どれも、なのかな。何か罪を犯しててもおかしくない心の闇はあることは伺えたけど、周囲の人やファンの誰もが「こいつはヤバい奴だけど最後の一線は越えてないだろ」って自分の中の価値基準でとらえてたんだと思う。一個基準が違うところにあるんだっていうのを目の当たりにして戸惑っている状態。罪を犯した人の心理を考えるときに自分の基準で考えたって仕方がないんだけど。だって「正常」(いわゆる)な状態ではないところで起こすのが犯罪だから。それでも理解したくて自分の基準に嵌めようとしてしまうんだ。自分の基準に嵌まらないと異常と見なして思考を放棄して断罪するのね。「えー」とか「マジかー」とかいろいろ考えていたら動きが止まっていたらしく、隣に座った夫から「なんで止まってるの」と云われて理由を話そうとしたけどいま話したら絶対に涙出てきて冷静に話せないと思って、とりあえず夫に寄っかかったけどまだ夫が「どうしたの」って聞いてくるから結局無言で涙を流して意味深な感じになってしまった。感情の整理がつかないと涙が出てくる習性なのです。

「そんなに好きだったの?」と聞かれて、いや、好きは好きだしニコキンがなくなるのはめちゃくちゃ辛いし、せっかく今野は地道に続けてきてる俳優業が実を結ぶようになって、ああ、とにかく今野に迷惑がかからないといいなあ。迷惑は絶対にかかるんだけど、今後の今野の芸能人生がこれで堕ちていったりしないようになってほしいなあ。佐藤さん(マネージャー)お願いします。
で、絞り出した言葉が「今野が可哀想」だったのでした。もう芸人に対する言葉としては最悪。可哀想って最悪。けど端的に、そこに興味ない人に伝えるにはいい言葉だったようで、夫の「そうだね」でこの会話は終わりました。

その夜はなんだかちゃんと眠れなくて、「こんなに引きずるか」って自分でも驚きました。なんかぼーっとしてて「あれ、夢だったんじゃないかな」と思ったりしたけど、次の日の昼のニュースでも流れるから「あー、夢じゃなかったー」と思ったりして、昨日ようやくニュースで見ても普通にしゃべれるようになったので、今日、ブログに気持ちを書いています。
高橋に向けての気持ちと云うか、この事件に対してのまず最初の気持ちは、東京03飯塚さんのツイッターの言葉が一番近い気がする。
https://twitter.com/iizuka03/status/680649767995613184
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。