So-net無料ブログ作成

ミニ [【モブ】]

32歳の誕生日は子どもの予防接種2回目。
小児科の先生が「これは痛いです。泣きます」と云うたびその通り泣くので笑ってしまった。よく頑張りました。
午後は子どもとダラダラ、イチャイチャ過ごす。笑うようになってから、イチャイチャしがいがでてきました。しかし容赦ない力で首筋に爪を食い込ませてくるなあ。痛い。
まだフガフガすることもあるので、フガフガしないようになってほしいなー。そうなったらそうなったでフガフガが恋しくなるのだろか。
何を早くしたいかって、子どもと同じもの食べて、美味しいね、とか話しかけたい。離乳食の裏ごしサツマイモとかでもいいので。
母乳も、飛び出しすぎて子どもが飲めない分をコップに出して飲んでみたりしています。味の確認も兼ねて。基本的にほんのり甘い。だけど一緒に食べてる感はないからなー。

ちなみに先日書いた保湿方法は一時的なもので、夏の赤ちゃんにずっとやってるとほっぺ真っ赤になります。お気をつけて!
というか、やはり子どもの肌質によると思いますのでいろいろ自己責任で、最終的には評判のいい皮膚科に行くのが一番です。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

つるつる [【日常】]

子どもの抜け毛も私の抜け毛もけっこうな度合いになってきました。私は毛量が多いので、ハゲには見えないんですが、子どもはもともと髪の毛薄いのでハゲてます(笑)。一部ツルツル。
いつになったらフサフサになるんだろー。産院や支援センターで見かけた他の子がフサフサの子が多かったから気になるけれど(新生児の時点でフサフサ)、ハゲもハゲで赤ちゃんらしくて可愛い。親バカ。

うちの子はだいぶ乾燥肌のようで、ここ一ヶ月半くらい顔の乳児湿疹がずっとグズグズと治まらなくて、皮膚科でもらった薬も効くけど完全にはツルツルに戻らなかったのです。ワセリンをこまめに塗っていつもテカテカ。塗らないとすぐにカサカサ。

産院でお手入れについて聞いたときに、舐めちゃうから顔にはワセリンを、と言われていたのでそんなお手入れだったのですが、舐めるっつってもほっぺなんて直接舐められないし腕のほうがよっぽど舐めてるし手にはいつの間にか本人の抜け毛や埃がついてるけどベロベロに舐めまくっとるやないか!と思って、一昨日からお手入れ時に、顔にも身体に塗ってるミルクローションとカサカサ用のベビークリームを塗るようにしました。そしたら!いままでの苦労はなんだったのか、てくらいにほっぺがツルツルモチモチに復活しました。最初からこうすりゃよかった!

ワセリンとか馬油(うちの子には微妙らしい)とかのオイリー感が苦手な方は、ミルクローション塗り塗り(プラス、ベビークリーム塗り塗り)を試してみてほしいくらい効果が出たのでメモ書き。なかなか湿疹治りきらないなー、てお母さんがここを読むかはわからないし肌質も子によって変わるとは思うのですが、ひとつの手段として。

ちなみにアゴはよだれかぶれでカサカサなので、ワセリンで保護してます。自分の肌より子の肌の状態がいいほうが嬉しいというのも親心でしょうか。

nice!(11)  コメント(0) 

出鱈目 [【モブ】]

少しずつ子どものリアクションも増えてきて、まだまだ断続睡眠だけれどなんとなく子育てが楽しくなってきた感じ。

あやすと笑うときがあるし、不満の訴えもただ泣き叫ぶだけではなく、アイコンタクトと「ウウ〜ン」というような悩ましげな声とでアピールしてきたり、バリエーションがあって楽しいです。泣き叫んで顔真っ赤にしてるのもそれはそれで笑う。それまでがあやすとかあやさないとかではなくて、きっかり時間がきたら泣いて、おっぱいあげて、寝かせて、の繰り返し(あるいはおっぱいが多くてウンザリする)だったので、そりゃこれが一ヶ月も続けば、しかも一人で相手してれば、鬱にもなるわな、て感じなのでした。しかも私の母乳は双子が育てられるくらいというありがたくない分泌過多なので、ピューピュー飛んで服がビシャビシャになったり床に飛んだりするのもウンザリの原因の一つになっていました。ここ数日でようやく母乳の需要と供給のバランスは多少落ち着いてきたけど、一ヶ月前くらいは外に出掛けたり誰かと話したくて仕方なかった。心境の変化は2ヶ月過ぎたからでしょうかね。100日目まで一ヶ月切ってるのも張り合いとして大きいかも。い
までも睡眠不足のときはしんどいけれど、しんどさの種類が変わった感じ。

そんなタイミングでマンボウやしろ芸人引退。
メルマガで知ってはいたけど、なんだか寂しい。芸人として最後のライブを観に行けなかったこともあるし、これから芸人としてのライブを観に行けないこともある。脚本、演出のライブはあと二年くらいしたら誰かに預けて行けることもあるかな?それが楽しみ。

私にとってでっかい存在だったカリカが解散した年に夫に出会い、やっしーが芸人引退した(つまり、二人とも芸人でなくなった)年に子どもが産まれているので、なんだかそういう巡り合わせみたいなものがあるのかもしれない。

またいつかコントしようね。

この林さんの発言に泣けるのは親になって涙腺緩くなったからじゃないー。もともと涙腺緩いし。
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

頭悪そう [【モブ】]

とと姉ちゃん、毎週誰か怒鳴る人がいないといけないんだろうか。

しまった。口だしてしまった。

毎日この時間、家にいるからなんか面白さに関係なく習慣として見ちゃうんだよな。しかし相変わらず常子は好きになれない。
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

ジレンマ [【モブ】]

夫が出張中なので、一日中一人で子育て中。

ここ二週間くらいで一気に疲弊がやってきていてキツイです。
子どもにイライラしてんだか夫にイライラしてんだか自分にイライラしてんだかわかんないくらいイライラするタイミングがあって困る。

しかし、子どもと二人きりになってみて、逆に冷静になっています。睡眠不足のせいでイライラしていたのだ。あと、泣き声が迷惑になることを気にする心。

夫が帰ってきたら、ここ数日の産後うつぶりを謝って、夜は窓を閉めきって存分に子育てに集中したいと伝えたい。あと、夜中に起こすことがあってもいいか、とも。近所迷惑と翌日仕事の夫を起こしてしまうことを気にしなかったら子どもがいくら泣いても、どうしたのかな?と思うだけでイライラしないと夕べ気づいた。夫がいなかったから。

夫がいないのがいい、というわけではなく、夫には毎日いてほしいとおもっているんだけど。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

フガフガ [【日常】]

自分の頭と同じくらいの大きさの胸の谷間に顔を埋めて窒息しそうになる子ども。
そして胸を枕にして寝る子ども。

授乳後は柔らかくなっているから心地よいのかしら。
きんたまくらを思い出した。
夫にやらせてほしいとお願いしたら断られた思い出。

あと、乳児のためにだいぶ息づかいが荒いので、田山花袋の『蒲団』のラストのような趣もあるのだった。
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

涙が出そう [【日常】]

バカリズムはロケ期待、小木&設楽と語る「IPPONスカウト」独自の面白さ
http://natalie.mu/owarai/news/189594

この記事のバナナマン設楽の発言

さらに小木が「今野(浩喜)にがんばってほしい」と言うと、「『今野にがんばってほしい』はみんな思ってるよ」と続けた。

に。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウズウズ [【モブ】]

常子がしたいのは仕事ではなく、奉仕だろうか…。職業婦人というにはプライドがなさすぎるよな。早乙女さんは早乙女さんで生きづらいだろうから、ああなれとは思わないけど。仕事を自ら得ることも、職務を全うすることも大事なのだけど、常子がしたいのは仕事ではなく奉仕だと思う。なんでお給金出るのか不思議。あの部長はなんなんだ。無能か。

それにしてもタイピストが手書きの清書を通じてタイピストと認められるって…。やっぱり、常子素晴らしい、までの流れが不自然すぎる。なんじゃそりゃ。

悪名高い『まれ』を最後まで楽しみにちゃんと見届けた私の心が折れそうです。『まれ』には好きなキャラが何人かいて、『とと姉ちゃん』には一人も好きなキャラがいない、というのがその理由。大地真央のおばあさまは好きなんじゃなくて笑っちゃうキャラ。ツッコミどころは腐るほどあるけど全体的に話には面白味が薄くて、15分が長く感じられる、という。

わ、悪くしか書けない…。もうやめよう(当分)。
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

マジメさ [【モブ】]

先日の『ボクらの時代』見てたら武田久美子が太川陽介に見えてきました。
見た目じゃなくて、話し方。
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

成る [【モブ】]

出産から三週間が経ちました。

初めて子どもと対面したとき、泣くだろうかと思っていたけどそんなことはなく、blogに書いたように後産の処置の痛みのほうが強くて、処置が終わって親子三人で二時間ほどすごしたあいだも、「あー。赤ちゃんだー。五体満足だー。産まれたばっかりでげんこつしゃぶってるー。」とか思っていて、普段の私の「泣きっぷり」からすると驚くほど冷静でした。

それからいままで、私も可愛いと感じてはいるけど、思った以上に冷静さが大きいのです。夫がいるときは夫が子どもの世話や、私が動けなかった分の家事したり、母が手伝ってくれてたりしたので、あまり子どもと二人きりで過ごしていなかったんですが、いま二人きりでベッドに横になっていて、録画していたタモリ倶楽部みながら、ときどき伸びをして顔を真っ赤にしたりホゲホゲ言ったりするのをチラチラ見たり、今朝の沐浴で上がったあとに拭いていたバスタオルにブリブリうんこされたり、ギャン泣きされたり、抱っこして泣き止んだり、授乳したり、そんな風に自然に過ごしているうちに、二人きりですごすことに対する不安がなくなりつつあります。

当たり前だけど親も子も徐々に親子や家族になっていくんだなあ。いきなり母にはなりきれないけど、そのうちこの子にとっての母になっているんだろうな。いまはお互い
「お前は私が世話しないといけないんだな?」
「お前は世話する人だな?」
と探りあってるみたい。妊娠期間中に母になるってのは私には当てはまらないみたいです。
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。